スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

doda転職人気企業ランキング2015
【業種別ランキング】

ビジネスパーソン約5,000人に、「もし転職するなら、どの企業に転職したい?」というテーマで調査をしました。多くの人から支持を集めたのは、どんな企業なのでしょうか。上位300社を発表します。
※調査期間:2015年3月20日~2015年3月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスパーソン約5,000人に、「もし転職するなら、どの企業に転職したい?」というテーマで調査をしました。多くの人から支持を集めたのは、どんな企業なのでしょうか。14業種に分類した「業種別ランキング」を発表します。
※調査期間:2015年3月20日~2015年3月26日

有名企業、ブランド力のある企業、外資系グローバル企業が上位を独占する中で、働きやすさを重視した「未来工業」が「メーカー(素材/化学)」でトップと大健闘

業種別の人気ランキングは、各業界の”雄”が首位を独占しました。有名企業、ブランド力のある企業が安定した人気を維持していることが分かります。グーグル、三菱商事、トヨタ自動車、武田薬品工業、全日本空輸などは例年通り各業種別トップに並んでいます。

そうした中で、意外性のある企業が首位となっている業界もあります。それが「メーカー(素材/化学)」の未来工業。同社は社員の働きやすさを経営者が追求していることで知られており、年間休日140日、1日の労働時間7時間15分というワーク・ライフ・バランスの取りやすい環境が好感を持たれました。今後ますます多様な働き方が求められる時代に、支持される会社の特徴と言えそうです。

「建設/不動産」は、五輪特需の期待から、三菱地所三井不動産などの大手デベロッパー、竹中工務店清水建設といった大手ゼネコンが上位にランクインしています。

「公共/その他」は、公益性が高く堅実な東京都庁が1位に、宇宙ビジネスが注目される中、JAXA、NASAもそれぞれ2位と4位にランクインしました。安定志向の中でも、社会貢献性の高い事業や夢のある事業への志向が感じられます。このほか、Apple Japanが「IT/通信」で、アマゾン ジャパンが「小売/外食」でそれぞれトップに入るなど、外資系グローバル企業は依然として高い人気を維持しています。

業種を選択してください

業種別ランキング

●1位から

順位 企業名 求人を見る

■調査概要
【対象者】22歳~39歳のホワイトカラー系職種の男女
【雇用形態】正社員
【調査手法】ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
【調査期間】2015年3月20日~2015年3月26日
【調査方法】投票者1名が最大3票を持ち、転職を希望する企業を1位から3位まで記入。志望順位別にポイントを付与し、合計ポイントの多い順にランキングを作成。(順位別のポイントは、1位5ポイント、2位3ポイント、3位1ポイントとした)
【回答数】5,161件
【総得票数】10,805件

いま応募すべき求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校