スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

ランキング・データ・調査

連載 ホンネの転職白書 2013.5.13更新

“35歳転職限界説”崩壊!?転職成功者の年齢を調査!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【全体】転職成功者の平均年齢は31.0歳。6年前より2歳上昇。

■“35歳転職限界説”の崩壊。即戦力のニーズ拡大が影響

転職した人の平均年齢は2008年以降右肩上がりに上昇し、29歳から31歳と5年間で2歳上昇していることがわかりました。また年齢割合を見てみると、35歳以上の割合が10%から23%と2倍以上増加しており、“35歳転職限界説”が崩壊しつつあることが明らかになりました。

転職者の年齢が上昇している背景には、中途採用マーケットにおいて、即戦力のニーズが高まっていることがあります。2007年頃まで企業では、第二新卒など若手を採用して育成する動きが目立ちました。これは、即戦力補給のための中途採用が企業にまだ定着しておらず、新卒採用を補填するためという位置付けが色濃かったためと考えられます。ところが2008年頃から、景気やマーケットの変動が激化する中、事業展開のスピードを加速化するために、必要なスキルやノウハウを習得している経験者を社外から確保する企業が増えたのです。

その他に、大手メーカーの早期退職やリストラによって、30代後半~40代の優秀な技術者が転職マーケットに流出したこと。さらに、就業人口の高齢化により、転職者の年齢も上昇していることや、50代以上の再雇用が進んでいることも影響していると考えられます。

このように、年齢で転職の可能性が制限されることは減っているものの、全ての人がいつでも転職できるというわけではありません。年齢問わず企業から必要とされる人材になるためには、今勤めている会社でのみ通用するスキルではなく、どの企業でも活用できる“専門性”や突出した“強み”と、どのような状況や環境でも能力を発揮することができる“柔軟性”や”応用力”の2つを備えていることがポイントになります。

【グラフ1】転職成功者の平均年齢
【グラフ2】転職成功者の年齢割合
「いつ転職するのがベスト?」あなたにとって最良のタイミングを見つけます
転職のベストタイミングを知るための個別相談会

【職種別】20代が70%を占める「販売・サービス」、35歳以上が45%を占める「技術系(建築/土木)」

■キャリア形成のスピードが早い職種ほど転職年齢が低い

職種別に転職者の年齢割合を見てみると、20代の割合が最も多いのは「販売・サービス系」の70%で、全体平均の50%を20ポイントも上回っています。次いで、専門職系(67%)、営業系(63%)が続きます。これらの職種では、早い段階から現場に配属され、実務を通して経験や知識を身に付け、入社して数年で幅広い業務や大きな裁量を任されるケースが多く見られます。年齢(経験年数)と能力が比例しないケースも多く、成長スピードが早く柔軟性の高い若手を採用しようとする企業も見られます。

一方、30代以上の割合が最も多いのは「技術系(建築/土木)」の73%で、全体平均の50%を23ポイントも上回っています。次いで、「技術系(機械/電気)」(64%)、「技術系(IT/通信)」(61%)が続きます。こうした技術系職種では専門領域の知識やスキルを段階的に習得していくことで、中長期的にキャリアを形成していく傾向にあります。このため、十分な経験や技術を身に付けた30代以上の採用ニーズが高いと言えます。

このように、キャリア形成のスピードが早い職種は転職者の年齢が低く、中長期的にキャリアを形成していく職種では転職者の年齢が高い傾向にあることがわかりました。

【職種別】転職成功者の年齢割合
あなたが抱えている仕事の悩みから「転職おすすめ度を診断します!」
転職タイプ診断

【業種別】20代の転職が活発な「広告/メディア」、35歳以上の転職が活発な「建設/不動産」

■転職年齢を左右するのは、業種よりも職種の影響が大きい

業種別に転職者の年齢割合を見てみると、20代の割合が最も高いのは「広告/メディア」と「商社/流通」の66%で、全体平均を16ポイント上回っています。特に「広告/メディア」の中でもインターネットやSNSの分野はビジネスサイクルが早く、経験年数よりも柔軟性やスピード感を求める傾向にあることが背景にあると考えられます。

一方、30代の割合が最も高いのは「建設/不動産」の56%。次いで、「メーカー」(54%)、「IT」(53%)が続きます。これらの業界は、上記の職種別調査で30代の割合が多い技術系職種の就業者が多いことが背景にあります。

ただし、業種による転職年齢の差は職種別のそれよりも小さく、転職者の年齢は職種に大きく左右されることが伺えます。

【業種別】転職成功者の年齢割合

調査概要

2007年4月~2013年3月の6年間に、DODAエージェントサービスを利用して転職を行ったビジネスパーソン5万人以上の年齢を調査しました。転職成功者の年齢は、時代と共に変化しているのでしょうか?

【対象データ】2007年4月~2013年3月の6年間に、DODAエージェントサービスを利用して転職を行ったビジネスパーソン

【有効回答数】約50,000件

「自分は今、転職すべき?」あなたの悩みを転職のプロに相談!
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加