転職・求人doda(デューダ)トップ > なるほど!転職ガイド > 平均年収 > 平均年収ランキング2007 > SE・プログラマ(オープン系)|技術(IT・通信)(平均年収2007)
平均年収(最新版)はこちら

平均年収ランキング2007  SE・プログラマ(オープン系)の平均年収|技術(IT・通信)

※2007年9月doda登録者データより算出 ※[max]は集計対象データの中の最高金額です。

企業のIT分野への積極的な投資を背景に過去にないほどの人材採用ニーズ

業績好調の企業ではIT分野への戦略的な投資が盛んに行なわれています。
コスト削減を目的にメインフレームからオープン系へのダウンサイジング、OSS(オープン・ソース・ソフトウェア)の推進の動きは依然として進み、システム監査、セキュリティ強化、BtoB、BtoCいずれもの企業サービスがネット化していることなどが背景にあります。中でも金融業界やメーカーでは企業統合によるシステム改修のニーズも多く発生しています。
SIerやソフト開発の各企業ともオープン系のSE・プログラマの人材採用はかつてないほど積極的です。
このため、採用時の条件が緩和される傾向が見られます。たとえば「システム開発経験3年以上」が「1年以上」に下げられたり、「Javaの開発経験必須」が「開発言語不問」になっているのです。
未経験でも開発対象の業界知識や業務知識があれば採用の可能性があります。

あの職種ってどんな仕事?【doda職種図鑑】