スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(内定・退職・入社)

Q. 「翌日から出社してほしい」は断っても大丈夫?

採用が決まったその翌日から出社してほしいと言われました。離職中の身でも明日からというのは難しくてその申し出は辞退したのですが、これで心証は悪くなりますか? まさか内定取り消しもありえますか?(28歳/男性)

A.明日から出社というのは難しい要求なので、少しお待ちいただけないか、依頼していただいて大丈夫です。

「明日からすぐに入社してほしい」という要請をお断わりしたところで内定取り消しにはならないはずです。内定通知書を受け取られている場合では、企業側も内定取消はできないのでご安心ください。

企業側の心証に影響があるケースは、面接の中で「いつからでも入社できます!」という言葉をことさら強調して伝えていた場合です。特に、企業側が急いで採用をしたい場合、早く入社ができることが内定の決め手の一つになっていた可能性があります。「明日から来てもらえるんだよね」と言われて「それは無理です…」と断わってしまうと、会社側の心証は良くないでしょう。

このような場合では、すぐにでも働きたい気持ちはアピールしつつ「入社までの準備や報告もあるので数日お待ちいただけますか」と伝えるなど、先方のご期待に応えたいという姿勢はしっかり見せていきましょう。あくまでも自己都合ではなく、より良い状態で新しい環境で仕事がスタートできるよう、準備期間がほしいという思いを伝えるようにしてください。

エージェントサービスって何?どんなメリットがある?

dodaエージェントサービスの仕組み、ご利用のメリット、登録から転職成功までの流れ、キャリアアドバイザーに関するよくある疑問が分かります。

エージェントサービスの説明を見る
内定後の迷いや円満退職もキャリアアドバイザーにご相談を
エージェントサービスに申し込む(無料)
あなたに合った年収はいくら?転職活動前に知っておこう
年収査定

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

適職探しのヒントが見つかる!転職タイプ診断
ハイクラス転職サービスdodaX

  • 「自己PR」発掘診断 ~自己PR作成のヒントが見つかる!~