スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A ~プロが答えるQ&A(応募)~

Q.たくさん応募してもなかなか面接に進めない。書類選考通過のコツは?

転職活動を始めて数カ月がたちますが、書類選考をなかなか通過できず、面接まで進んだことが一度もありません。逆に希望していない職種の求人からは面接のオファーが来ます。目指している職種で書類選考を通過するコツを教えてください。(32歳/男性)

A.応募書類に書くスキルや経験を希望職種にマッチングさせるのが大切。

自分が応募している企業の書類選考は通過できず、別の職種の求人からは面接のオファーが来ているという状況を考えると、応募書類に記載されている内容が応募企業・職種にマッチしていないというケースではないかと考えられます。

書類選考を効率よく突破するために重要なのは「戦う場所を選ぶ」こと。要するに自分が持っているスキルや経験を求めている企業・職種に応募することです。中途採用では即戦力としての活躍を求められるのが基本です。募集職種ですぐに役に立つスキル・経験が履歴書や職務経歴書に記載されているほど、書類選考を通過する確率は高くなると考えてください。

しかし、異業種や異職種の転職、いわゆるキャリアチェンジを志している場合、自分のスキルや経験が、企業のニーズとぴったりと合致することはまずないでしょう。この質問者の方もキャリアチェンジを目指しているのかもしれません。そんなときに大切にしてほしいのが、やる気をしっかりアピールすることと、完全には一致しないまでも応募企業・職種で役立てられそうなスキル・経験を明記すること。

具体的なポイントは志望動機と自己PRの書き方。志望動機にはその企業・職種でなければならない理由、キャリアチェンジによって実現したいことを、できるだけ詳しく記入します。使い回しと思われてしまいそうな浅い志望動機では、やる気を伝えることはできません。自己PRには、自信を持っているスキルや経験ではなく、応募企業・職種で求められているスキル・経験を、自分の経歴の中から探して書くようにしましょう。入社後に即戦力として貢献できる要素があること、さらには成長できる可能性があることを示すことが重要なのです。

(キャリアアドバイザー 住永 正)

求人応募やスケジュールの調整の仕方など転職活動の進め方をプロがアドバイス!
エージェントサービスに申し込む(無料)
求人に応募するまえに適職探しのヒントをみつけよう
転職タイプ診断
疑問が解決したら、希望の職種や年収などこだわり条件で求人を探そう!
求人情報を検索する

合わせて読みたい

  

関連コンテンツ

関連Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校