スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2008
店長の平均年収|販売・サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 25〜29歳
    377万円(最高 800万円)
  • 30〜34歳
    424万円(最高 1,000万円)
  • 35〜39歳
    460万円(最高 1,100万円)

労務環境の改善に伴い、年収UPの可能性も

グラフ:年齢別推移

店長の平均年収は406万円となりました(25〜39歳)。全職種の平均値と比較すると、55万円低い結果となっており、年齢が上がるほど平均値との差は広がっていくようです。しかし今後は、残業代支払いなどの労務環境の改善を受けた年収の上昇が期待できるでしょう。

年収アップの第一歩は、自分の適正年収を正しく把握するところから始まります。あなたは、経験やスキルに見合った年収をもらえているでしょうか?dodaなら、年収査定サービスを無料で利用できます。

自分の「本当の年収」を知りたい方は、コチラからお申し込みを。
適正年収を診断する

気になる「あの職種」の年収は?

店長を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

1店舗の責任者です。「人・物・金・情報」を活用して、よりよいサービスの提供と収益向上を目指します。アルバイトなど、ほかのメンバーのマネジメントも重要な業務になります。最も重要なスキルは、丁寧なコミュニケーション能力です。責任者だからといって上から命令するような態度をとるのではなく、それぞれのメンバーと同じ目線で話ができ、その上で育成していけるような人が求められています。

採用トピックス

労務環境の改善と、店長に任される業務の拡大(機密情報の扱いなど)を受け、これまでアルバイトとして雇っていた店長を、正社員として採用する企業が増えています。求人が多いのは依然として外食業界です。個人の消費に大きく直結する分野の職種なので、急激な消費拡大が見込めない今後は、サービスや商品などで独自性を打ち出す企業が勝ち残っていくでしょう。また店長職はほかの職種と比べて、未経験の採用が比較的多い職種です。店長職への情熱はもちろん、市場の動向や顧客のニーズをいち早くキャッチして、それを店の経営に活かすという幅広い思考が求められます。

おすすめリンク

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

自分の「本当の年収」を知りたいなら年収査定サービス
適正年収を受ける
あなたの専任キャリアアドバイザーが転職アドバイス
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校