スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A ~プロが答えるQ&A(内定・退職・入社)~

Q. 退職を伝えたところ、希望をかなえてもらえました。残るべき?

給与と仕事内容に不満があり転職を決意し、無事内定をもらいました。いざ、現職に退職を伝えたところ、ずっと希望をかなえてもらえなかったのに、「前向きに検討する」と希望をかなえてもらえることになりました。不満が解消されたため、転職する理由がなくなったのですが、現職に残るべきでしょうか?(34歳/男性)

A.退職を申し出たことで残るリスクもあります。慎重な判断を。

退職という重大な意思表示を一度でもしたのであれば、2つのリスクを考慮して慎重な判断を下しましょう。1つ目は、「前向きに検討」は口約束だけで履行されないことも往々にしてあるということです。退職を思いとどまらせるために給与や仕事内容の改善を検討するということであれば、本当に履行されるかどうかも注意が必要です。

また、2つ目のリスクとして気を付けるポイントは、退職を申し出たということで、「退職しようとした人だ」という認識を持たれ続けてしまうことです。一度でも退職の意思を伝えたからには、今後上司や人事からの評価が変わる可能性があります。辞める可能性を考慮され、社内で要職に就きづらくなるといったリスクへの警戒も必要です。もし社内で相談できる方や同じような境遇の方がいれば、相談してみると良いかもしれません。

退職を伝えてはじめて給与や仕事内容が改善されるということは、今までは正当に評価されていなかったと考えることもできますし、それまでにも給与や仕事内容の改善を訴えていた経験があるのであれば、その当時真剣に聞く耳を持たれていなかったともいえます。今後も繰り返しにならないかどうか、慎重な判断が必要です。内定した企業の条件と、在籍した場合の条件をしっかり比較した上で決断しましょう。労働条件通知書や雇用契約書に記載のある、具体的な労働条件の項目や待遇を確認してみてください。

「仕事を辞めたい」と思ったら…仕事の不満度チェックで後悔のない判断を

(キャリアアドバイザー 住永 正)

内定後の迷いや円満退職もキャリアアドバイザーにご相談を
エージェントサービスに申し込む(無料)
あなたに合った年収はいくら?転職活動前に知っておこう
年収査定

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?