平均年収(最新版)はこちら

平均年収ランキング2007  人材サービスの平均年収|営業

※2007年9月doda登録者データより算出 ※[max]は集計対象データの中の最高金額です。

事業拡大する企業の人材採用ニーズをサポート 企業と求職者のベストマッチングを提供する

90年代のバブル経済崩壊後の景気低迷期に大手企業を中心に新卒採用の抑制が続きましたが、この数年の景気回復・業務効率化による収益改善の結果、さらなる事業拡大や新技術の開発に転じる企業は、20代後半から30代半ばの中堅層の人材不足に直面することになりました。
また就業者の転職への意識の変化や、正社員だけではなく契約社員や派遣社員など雇用形態の多様化という社会の流れとも重なり、人材サービス業界は成長が著しい業界です。
企業の側は人材不足でありながら「誰でもいい」わけではなく、求職者も売り手市場ながら慎重で、双方のニーズへのマッチングのためにきめ細かいコンサルティングによるオーダーメイド化が進む傾向があります。
このように、人材採用には質と量の両方が求められていることに加えて、採用手法も集合媒体、人材派遣、人材紹介、それらの組み合わせと多様化しているため、人材サービス業界自体の人材強化も迫られています。
法人営業の経験があると有利ですが、人材サービス業界の特性として、個人と法人の双方が顧客となりますので、前職の業界に関わらず活躍のチャンスがあります。

doda転職オンライン予備校