平均年収(最新版)はこちら

平均年収ランキング2007 不動産・住宅の平均年収|営業

※2007年9月doda登録者データより算出 ※[max]は集計対象データの中の最高金額です。

新規開発、リノベーションなどで、好調な業界動向を背景に採用ニーズ高

ここ数年の首都圏を中心とした地価高騰を受けて不動産業界はひき続き活況で、住居、オフィス、商業施設のいずれも事業の停滞は見られません。また、新築物件の販売だけでなく、中古物件のリノベーション、耐震改修、2006年の道交法改正にともなう駐車場ビジネスなどのニーズも高まっています。
したがって、これらの不動産を扱う企業は依然として人材採用に積極的です。
また、地価上昇が継続すると見込んだ建設計画を立てている企業が多いため、今後数年にわたっての人材採用ニーズが期待できます。
不動産・住宅業界が未経験でも営業職経験があれば評価されます。宅建やFPの資格や知識があれば望ましいものの、採用条件として必須とされるわけではありません。就労後に取得するケースも多いようです。
実績を重ねることで、一戸建てから大型マンションへ、あるいは住宅からオフィスビルや商業施設へと手がける物件を大規模化させることも可能です。販売価格が高く、営業実績が評価や報酬に反映されますので、実力主義の志向性があれば満足度の高い職種でしょう。

doda転職フェア広島、大阪

doda転職フェア(広島) doda転職フェア(大阪)