スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

サンプル

履歴書

地方公務員・教員を例に解説公務員・教員の自己PRの例文サンプル

ここでは、公務員や教員の自己PRの書き方について、サンプルを基に解説しています。その職種ならではのアピールポイントを把握して、これまでの業務で培ったスキルを振り返ってみましょう。

教員の職種は、生徒はもちろん、保護者やほかの教員など関わることが多く、「教える」以外のさまざまなスキルが身につきやすいでしょう。生徒や保護者への傾聴力、関係構築力、教員同士の伝達力といったスキルの中で、自分の強みだと思うスキルを具体的なエピソードとともにアピールできるとよいでしょう。

市役所などに勤める公務員の職種は、ルーティーン業務が多くなる傾向にあります。また、マニュアル化されている業務が多いため、少しでも主体的に効率化に取り組んだことや、お客さまの待ち時間を減らすために工夫した経験などがあればアピールしましょう。また、チームワークが必要な職場環境でもあるため、同僚が働きやすいように意識していることも記載してください。その取り組みにより、どれくらい業務が円滑になったかという結果も加えられるとなおよいでしょう。

書き方の詳細は職種別に解説しています。自分の職種や近い職種のアピールポイントを参考に、これまで培ってきた経験から転職先でも活かせそうなスキルや経験を考慮して、採用担当者の目に留まる自己PRを作成しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

国家・地方公務員

<他部門と連携した業務改善力>

各種書類の発行業務では郵便請求方法に関する問い合わせが多く、マニュアルに基づいてご案内するのですが、初めて見る人には分かりづらい内容だったため、広報課の協力を得て、新しいマニュアルのホームページ掲載に取り組みました。普段の問い合わせの内容を参考に必要な書類や事前に準備が必要なものなどを詳細に記載し、市のホームページからすぐに見つけやすい場所にマニュアルを掲載。また、刊行物にもマニュアルを掲載し、インターネットを使わない方にも周知した結果として、郵便請求の問い合わせが前年比xx%減少し、問い合わせ対応の工数削減に貢献しました。

<お客さまに合わせた適切な対応力>

お急ぎの方にはできるだけ簡潔に迅速な対応ができるように心掛けています。書類の不備がある場合も、何度も足を運んでいただかなくて済むように最短の方法をご案内。お急ぎの方や緊急の方からのイレギュラーな問い合わせにも迅速に判断し対応しています。逆にていねいな説明が必要な方には、多少時間がかかってもご理解いただけるまでしっかり説明するようにしました。特にマイナンバーに関する問い合わせが多かったため、説明用のマニュアルを作成し、ほかのメンバーも対応できるように共有。こうした適切な対応により、クレームを発生させることなく業務をこなすことができました。

書き方のポイント・解説

業務フローが決まっている中で、課題を見つけて改善に取り組んだ経験があればアピールできるとよいでしょう。

窓口業務での処理能力やていねいな接客対応もアピールになります。日々意識していたことがあれば記載してください。

お客さまの待ち時間を減らすためにチームワークを意識した業務などがあれば具体的にアピールしましょう。志望企業がどのような業界でも重要なポイントになります。

公務員・教員・農林水産関連の求人を見る

教員

<新しいことにも果敢に取り組む提案力>

生徒の教育環境の改善と、より世の中に沿った学習方法を取り入れるため、実験段階として担当クラスのICT授業化を申請して実際に運用しました。生徒の一人ひとりにタブレットを配布し、化石の採掘現場などのフィールド実習時に野外で撮影や記録に使用。アプリを使用して写真とテキストを使ったレポートを作成してもらいました。生徒が楽しんで利用していたことはもちろん、野外など時と場所を選ばずに高品質な資料をもって授業を進められたことが評価され、他校からも視察が訪れるなど先進的な取り組みができました。個人個人の資料を共有することが簡単なため、校内でもグループワークの開催が容易になり、より人と協力して物事を進めていく力を身につけてもらうことができました。

<柔軟な対応による関係構築力>

高校生という人生の進路にとって重要な時期を担当することもあり、保護者や生徒とどのように関わるのかを常に意識してきました。赴任するとまずは、地域の特色を調べ、自分の所属する学校にどのような特色をもった生徒が多いのかを研究。家庭的な事情で進学率も他校と比べると低めである事情を勘案し、生徒との会話では否定するような言葉は絶対に発しないようにし、環境的な制約がない場合の本人の希望を聞き出せるよう粘り強く対話しました。保護者の方も幅広い層の方々にまずは信頼してもらえるよう、どのようなコミュニケーションが最適なのか人物ごとに考察。柔軟な対応を続けた結果、協力的な姿勢で対話してくれる方も増え、結果として担当クラスでは例年の平均より多いxx名が大学へ進学することになりました。

書き方のポイント・解説

保護者との対話を関係構築力に、授業の企画を提案力に、生徒との対話を傾聴力として伝えるなど、意識して取り組んだ経験を、民間企業でも活かせそうな言葉に置き換えてアピールしましょう。

保護者との粘り強い対話や生徒と関係性を築いてきたことなど、幅広い年齢層の人と向き合えることもアピールポイントのひとつです。

現状の課題を改善した経験は、民間企業でも活躍してくれそうなイメージをもってもらえることがあります。自分で納期を設定したり、新しいツールや授業方法を導入したり、自ら積極的に行動したことを書きましょう。

教員/学校・大学事務の求人を見る
自己PRの書き方・まとめ方を転職のプロに相談しよう!
エージェントサービスに申し込む(無料)
16問の設問に答えるだけで、あなたのアピールポイントを発見!
「自己PR」発掘診断を使ってみる
納得できる自己PRが書けたらさっそく仕事を探してみよう
公務員・教員の求人を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

転職タイプ診断