スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える DODA

転職活動の準備

連載5分で分かる!今すぐ使える!転職活動ノウハウ

自己PRで「コミュニケーション能力が強みです」と言うのは、
なぜダメなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリアカウンセリングのとき、キャリアアドバイザーが転職希望者に「あなたの強みはなんですか?」と尋ねると、多くの人が「私はコミュニケーション能力が強みです」と言うそうです。しかし、選考でそれをそのまま伝えてしまうと評価されないケースがほとんどなのです。いったいなぜでしょう。

画像:自己PRで「コミュニケーション能力が強みです」と言うのは、なぜダメなのか?

「コミュニケーション能力が強みです」は、何も言っていないのと同じ

転職希望者の中には、職務経歴書や面接で「コミュニケーション能力が高い」と言っておかなければ応募先の企業に伝わらない、と思い込んでいる人がいるかもしれません。しかし、その考えは間違いです。

企業側からすると「コミュニケーション能力がある」とアピールされても、抽象的で漠然とした言葉なので、良し悪しの判断がつけられないのです。そのため、採用担当者の中には、職務経歴書でコミュニケーション能力という言葉を見つけたら「そこは読まない」「アピールすることをあまり考えていないのかな…。とネガティブに受け取ってしまう」と言う人もいます。

面接の場面では、面接官は「あなたの言うコミュニケーション能力とは具体的にはどういうことですか?」と掘り下げます。しかし、本当は掘り下げた先にある“あなたらしい強み”に関する話を初めから聞きたいと思っています。つまり、「私はコミュニケーション能力が強みです」と自己PRを始めることは、評価してもらうためのアピールの時間を自ら短くしているのと同じなのです。

あなたがアピールしたい「コミュニケーション能力」とは?

キャリアカウンセリングで「コミュニケーション能力が強みです」と言う人は、「聞くのが得意」「伝えるのが得意」「理解するのが得意」のどれかに当てはまることがほとんどです。

そこからさらに分解すると下記のように、さまざまな要素が浮かび上がります。

長けている力(=自己PRで言うべきこと)
聞くのが得意 ・相手の本音を引き出す力
・言いにくい要求を汲み取って利害を調整する力 など
伝えるのが得意 ・自分の思いや情熱を伝える力
・論理的に分かりやすく伝える力
・分かりやすい提案資料を作成する力 など
理解するのが得意 ・仕草や表情を見て相手の思考や感情を把握する力
・相手の話を咀嚼して理解する力 など

面接官に「具体的にはどういうことですか?」と尋ねられる前に、自分が伝えたい「コミュニケーション能力」とは何かを分解して、自分なりの言葉で表現することが重要なのです。

あなたのコミュニケーション能力のうち特に長けている力は、どんな力でしょうか?上記のいずれかに近い人もいるでしょうし、もっと違った「力」を挙げた人もいるかもしれません。

転職活動を行う上で自分がアピールしたい能力をより具体的にすることは、最も大事なことの一つなのです。

あなたがアピールしたい能力を、具体的なエピソードを交えて伝えよう

あなたの「コミュニケーション能力」を分解して、長けている力として表現することができたら、次は応募しようとしている求人でその力がどのように発揮できるのかをイメージしてみましょう。長けている力を評価してくれそうかを客観的に見ることも必要です。

「評価されそう」と判断できたら、それをそのまま伝えるだけでは説得力がありません。そこで、職務経歴書の自己PR欄に書くときや面接で話すときには、具体的な仕事上のエピソードを交えて伝える必要があります。

先ほど置き換えて表現したその「能力」を発揮して成し遂げた過去の仕事を思い出してみてください。

営業職の人で「相手の本音を聞き出す力」があることを伝えたいとしたら、「担当者の歯切れが悪いので、雑談を交えて話を聞いていると担当者と決裁者で意見が異なっていることが分かった。そこで担当者と決裁者が同席する場を設け、課題の整理から一緒に行い、本質的に解決できる提案をして大型の受注につなげた」といったエピソードを起点に伝えるとよいでしょう

開発エンジニアの人で「利害を調整する力」をアピールしたいと思ったら、「プロダクトデザイン部門、生産部門、品質保証などのQCD部門の担当者と直接交渉して、納期・予算内に収まる高品質の設計を実現した」といったエピソードと共に伝えることも一つの手です。

「コミュニケーション能力」という大きな塊で伝えるのではなく、事前に自分の強みを掘り下げて「特に強い力はこれです」と原石の部分をアピールするようにしましょう。その力をどのように活かしたのか、いくつかの事例を交えて話せば、「あなたにその力がある」ということが採用担当者に伝わるはずです。

「コミュニケーション能力」を転職のプロと一緒に分解してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
あなたが本来持つ強みを知りたいなら
キャリアタイプ診断を受ける
あなたの強みを活かせる求人を見つけよう
希望の条件から求人を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

DODA転職フェア 【名古屋】国際会議場白鳥ホール 6/30(金)・7/1(土) 【東京】水道橋プリズムホール 7/6(木)・7/7(金)・7/8(土) DODA転職フェア 【名古屋】国際会議場白鳥ホール 6/30(金)・7/1(土) DODA転職フェア【東京】水道橋プリズムホール 7/6(木)・7/7(金)・7/8(土)