スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

「いつかは転職」とお考えの人が、「今」できること

目次ページへ戻る

残業が多い、帰宅時間が遅い

「毎月60時間残業・ほぼ終電…こんな働き方いつまでもできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

残業を減らした上でどんな成果を出したいか、を考える

「残業や帰宅時間が転職理由だと、求人企業からネガティブに捉えられそう」と心配する人もいます。しかし、長時間残業で帰宅時間が深夜に及ぶことが続くと心身ともに疲れて仕事の意欲も下がります。実際、DODA転職理由ランキングでは「残業が多い」は転職理由の上位に挙がっていますし、多くの企業にとって社員のワーク・ライフ・バランスは重要な事業課題の一つです。残業や帰宅時間が転職の理由でもネガティブには思われません。ただし、「残業時間を減らした上で、どんな成果を出したいのか、どんな働き方をしたいのか」までを掘り下げておくとよいでしょう。ワーク・ライフ・バランスを取りつつ仕事の生産性アップを考えているという姿勢を見せることが企業に対してのアピールになります。

残業や帰宅時間を改善するための転職をお手伝い
エージェントサービスに申し込む(無料)
残業が多くて転職活動できない人こそスカウトサービスがおすすめ
スカウトサービスに申し込む(無料)
公開求人の中から「残業月20時間以下」の求人を集めました
求人一覧を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加