転職・求人doda(デューダ)トップ > なるほど!転職ガイド > 平均年収 > 平均年収ランキング2007 > CAE解析|技術(電気・電子・機械・化学)(平均年収2007)
平均年収(最新版)はこちら
doda職種別平均年収

平均年収ランキング2007 CAE解析の平均年収|技術(電気・電子・機械・化学)

※2007年9月doda登録者データより算出 ※[max]は集計対象データの中の最高金額です。

この職種もチェックしよう

工業製品の開発から製造までを飛躍的に短縮 技術者数が圧倒的に不足する売り手市場

工業製品の機械設計は解析技術と並行して進化しています。
解析技術エンジニアの人材採用ニーズは、2D-CAD、3D-CADからCAE解析のスキルが最重視されています。
CAEはPC上で製品の強度や性能をシミュレーションする解析技術で、これで得られた結果を設計にフィードバックすることによって、設計・開発・製造のコスト削減と納期短縮が飛躍的に実現されています。
自動車や家電、携帯電話などの最新モデル投入サイクルが目まぐるしいのは、CADおよびCAE解析技術の導入によるところが大きいといえます。
したがって各メーカーともCAE解析エンジニアの確保に躍起です。CAE解析が製造現場に導入されたのは30年ほど遡りますが、脚光を浴びるようになってきたのはこの10年ほどのことなので、スキルやキャリアのあるエンジニアの絶対数が足りないのが現状です。今後も解析技術の進化が繰り返されていくものと思われますので、常にスキルアップをしていくことが市場価値のアップになります。

転職フェア広島