転職・求人doda(デューダ)トップ > なるほど!転職ガイド > 平均年収 > 平均年収ランキング2007 > 人事|事務・事務スペシャリスト(平均年収2007)
平均年収(最新版)はこちら
doda職種別平均年収

平均年収ランキング2007 人事の平均年収|事務・事務スペシャリスト

※2007年9月doda登録者データより算出 ※[max]は集計対象データの中の最高金額です。

企業活動の拡大・好循環は人材次第 人材の確保と活用がミッション

好調な景気を背景に多くの企業では新卒採用、中途採用を通じての人材確保を積極的に行なっています。これは裏を返せば各企業の人事部門の業務が質・量ともにアップしていることを意味しており、人事担当者の採用ニーズはたいへん高くなっています。
人事担当者の業務は、おもに新卒採用、中途採用、労務管理の3つに大別されます。
新卒採用業務であれば、採用戦略、説明会や面接の実行、内定者フォロー、入社手続き、という一連の業務を経験している人、というように業務範囲のすべてのフェーズを任せられる人材が求められます。
労務管理業務では、採用した人材はもちろん既存社員を定着させることを目的に、評価制度や教育制度などの人事施策を企画・立案・運営してきたキャリアが求められます。
大企業や難易度の高い採用を行なっている企業では、いずれの業務でも即戦力ニーズが高い一方で、ベンチャー企業や中小規模の採用担当業務であれば未経験でもOKの可能性があります。その場合でも、その人自身が社風を体現できて、誰からも好感を持たれるキャラクターであることなどを求められ、ある意味では難しい条件です。

doda転職フェア名古屋