スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2008
編集・制作の平均年収|クリエイター

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 25~29歳
    368万円(最高 650万円)
  • 30~34歳
    410万円(最高 1,200万円)
  • 35~39歳
    454万円(最高 1,000万円)

紙媒体の減少によって、年収も減少傾向

グラフ:年齢別推移

編集・制作の平均年収は402万円となりました(25~39歳)。比較的年収が高い紙媒体の編集やディレクションの求人が減っていることに加え、年収が低下傾向にあるデザイン、制作系求人が増えているため、2007年に比べやや低い結果となっています。また紙媒体の売り上げ自体が低迷していることも平均年収より低くなった要因と考えられるでしょう。

年収アップの第一歩は、自分の適正年収を正しく把握するところから始まります。あなたは、経験やスキルに見合った年収をもらえているでしょうか?dodaなら、年収査定サービスを無料で利用できます。

自分の「本当の年収」を知りたい方は、コチラからお申し込みを。
適正年収を診断する

気になる「あの職種」の年収は?

編集・制作を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

「編集」の仕事は一言で言うと「何でも屋」。媒体の企画から完成までを管理します。市場のニーズ調査、雑誌などの商品企画、外部プロダクションとのやり取りなど、幅広くこなします。「制作」は編集が考えた企画を実際に形にする仕事です。企画の主旨を理解して、依頼以上の商品を作り上げることが求められます。このほか、雑誌などを作る仕事には、編集と制作の間に入る「デザイナー」があります。デザイナーは「どうすればより多くの人に見てもらえるか」という専門家としての意見が求められます。

採用トピックス

人々の情報入手ツールがWEBに移行していることから、雑誌や書籍など、紙媒体に関連する職種の求人は、引き続き減少傾向にあります。この傾向は今後も続いていくことが予想されます。また実績が重要視される分野なので、未経験からのチャレンジは特に厳しい状況です。さまざまなことに好奇心を持って、次々に新しいアイデアを生み出す企画力、交渉力、コミュニケーション力が求められるほか、今後の情報入手ツールの流れを見通して、WEB関連の知識がある人が注目されています。

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

自分の「本当の年収」を知りたいなら年収査定サービス
適正年収を受ける
あなたの専任キャリアアドバイザーが転職アドバイス
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?