スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2008
WEBプロデューサー・WEBディレクターの平均年収|クリエイター

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 25~29歳
    412万円(最高 700万円)
  • 30~34歳
    505万円(最高 1,000万円)
  • 35~39歳
    533万円(最高 1,440万円)

2007年より減少してはいるものの、全職種平均を上回る金額に

グラフ:年齢別推移

WEBプロデューサー・WEBディレクターの平均年収は478万円となりました(25~39歳)。「クリエイター」のカテゴリーの中では、最も高い金額となっています。作業工程の上位にある職種であることが要因と考えられます。クリエイティブ系職種でステップアップを考えている人にはお勧めの職種と言えそうです。

年収アップの第一歩は、自分の適正年収を正しく把握するところから始まります。あなたは、経験やスキルに見合った年収をもらえているでしょうか?dodaなら、年収査定サービスを無料で利用できます。

自分の「本当の年収」を知りたい方は、コチラからお申し込みを。
適正年収を診断する

気になる「あの職種」の年収は?

WEBプロデューサー・WEBディレクターを経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

WEBビジネスの立ち上げ、推進を担う仕事です。顧客が抱えている課題を把握して、WEBビジネスによってその解決策を提案します。1つのプロジェクトを管理する仕事と言え、企画から予算管理などを幅広くこなします。独創的なWEBビジネスを計画する発想力や、幅広いネットワーク、円滑なコミュニケーション能力など、さまざまなスキルが求められます。またWEBに関する最新技術を調査して、新たなビジネスに生かしていく先見性も必要とされています。

採用トピックス

広告代理店など大手企業の採用は減っているものの、制作会社は人手不足の状態が続いています。大規模な予算を使うセクションではないため、景気の影響をあまり受けていないことが考えられます。しかし希望者すべてが採用されるというわけではありません。これまではディレクション力があれば比較的採用されやすかったのですが、今後はコーディングなどWEBの知識が必要になります。未経験者の採用は減ってきています。またWEBサイトをビジネスの一環と考える企業が増えていることから、WEBプロデューサー・WEBディレクターのビジネスセンスが問われてきています。

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

自分の「本当の年収」を知りたいなら年収査定サービス
適正年収を受ける
あなたの専任キャリアアドバイザーが転職アドバイス
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?