スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2010
サーバーエンジニアの平均年収|エンジニア(IT・通信)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳
平均年収 402万円 467万円 513万円
全体平均比 +5万円 +5万円 -13万円
最高額 800万円 1,080万円 950万円

年収の傾向

T業界不調に伴い、17万円ダウン

サーバーエンジニアの平均年収は450万円となりました。全年齢において20万円弱の減収が見られ、平均では17万円減となっています。サーバーは景気に関わらず比較的安定的に利用するケースが多いとはいえ、企業のシステム投資削減に伴い新規の案件が減少しこの結果が出たと考えられるでしょう。

年収アップに必要なのは?

自主トレーニングが認められることも

監視・運用ではなく、設計・構築に携わることが年収UPの鍵となります。クラウド化を進める企業も増える中で、仮想化案件があれば積極的に参加し実績と経験を積んでいくことが、評価の対象となるでしょう。また、仕事ですぐにこれらの案件に携われないとしても、自宅でNW・サーバー・DBを試すなど、コツコツ勉強することを評価する企業も多いです。

気になる「あの職種」の年収は?

ネットワークエンジニアを経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

今なお日進月歩の進化を続けるネットワーク技術の中で、その基幹を担うサーバーの構成やセットアップ、運用中の各種設定変更などを担当するのがサーバーエンジニアです。ひとくちにサーバーと言っても当然ながらその種類はさまざまであり、Webサーバーやメールサーバー、DBサーバー、アプリケーションサーバー、ファイルサーバー、プリンタサーバー…など、それぞれに求められる技術や知識も微妙に異なってきます。いまやサーバーの停止はビジネスの停止を意味するものであり、目立ちにくいポジションではありますが、その職務の重要性は極めて大きなものがあります。

あなたのキャリアから予想される適正年収を、無料で算出します!
自分の適正年収を知ろう

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

年収アップを実現するには? 市場価値を高めるキャリアプランは?など、 キャリアアドバイザーがアドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)
「自分は今、転職すべき?」 「市場価値を上げるには?」など、 転職のプロに相談してみませんか?
個別相談会を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校