スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

正社員の年収中央値は?男女別・年齢別・都道府県別にも解説 平均年収ランキング【最新版】

  • #給与・お金
  • #ランキング

更新日:2023/12/4

2022年9月~2023年8月の1年間にdodaサービスに登録した人のうち、20歳から65歳まで約63万人の年収データを、ここでは平均ではなく「中央値」でご紹介します。日本のビジネスパーソンの年収中央値はどれくらいなのか、あなたの年齢や性別、お住まいのエリアとも照らし合わせつつ、ぜひキャリアの参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
正社員の年収中央値は?平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】

年収中央値とは?平均年収との違い

中央値とは、データを大きさ順に並べたときに「真ん中にある値」のことです。例えば、5人分の年収データ(189万円・287万円・367万円・391万円・1,061万円)がある場合、真ん中の3番目に高い年収(367万円)が年収中央値です。

一方、この場合の平均年収は全体の合計をデータの個数で割った数、すなわち「(189万円+287万円+367万円+391万円+1,061万円)÷5 」で、459万円です。

日本で働く正社員の年収中央値は?

実際に日本で働く正社員の年収中央値と平均年収はいくらでしょうか?
調査対象とした約63万人のデータの年収中央値、すなわち「真ん中の年収」は360万円です。前回の年収中央値は350万円で、10万円アップする結果となりました。一方、平均年収は414万円です。

男女別に見ると、男性の年収中央値は400万円で前回と同じ、女性の年収中央値は320万円で前回から17万円アップしています。なお、男性の平均年収は464万円、女性の平均年収は356万円でいずれも中央値より高くなっています。

年収分布
年収分布
男性
中央値 平均値
400万円464万円
女性
中央値 平均値
320万円356万円

自分の年収って適正?と思ったら...
あなたの適正年収を診断してみませんか?

年収査定/イメージイラスト

自分の年収って適正?と思ったら...
あなたの適正年収を診断してみませんか?

わずか3分で「適正年収・年収推移」がわかる!

年収査定を受けてみる(無料)

年代・年齢別に見る年収中央値

年代ごとの年収の中央値

年収中央値を年代別に見ると、20代が330万円、30代が400万円、40代が450万円、50代以上が500万円となっています。このうち、30代・40代・50代以上のデータは横ばいで、20代のみ前回から20万円のアップとなりました。男女別に見ると、男性は20代から30代、30代から40代、40代から50代以上と年代が上がるごとに年収中央値は50万円以上アップしています。一方で女性は20代から30代では50万円アップしていますが、30代からは年代が上がるごとに10万円ずつのアップにとどまっています。

年代 全体 男性 女性
中央値 平均値 中央値 平均値 中央値 平均値
20代330万円352万円350万円377万円300万円329万円
30代400万円447万円450万円494万円350万円383万円
40代450万円511万円530万円585万円360万円410万円
50代以上500万円607万円600万円674万円370万円434万円

年齢ごとの年収の中央値と平均値

20歳から65歳まで、1歳刻みで年収の中央値と平均値を見てみましょう。250万円からスタートした全体の中央値は23歳で300万円台、29歳で400万円台、50歳で500万円台に入り、59歳でピークである650万円に到達します。男女別に見ると、男性のピークは59歳で700万円、女性のピークは60歳で424万円となっています。平均値のピークは全体が60歳で650万円、男性が59歳で771万円、女性が60歳で510万円です。

年齢 全体 男性 女性
中央値 平均値 中央値 平均値 中央値 平均値
20歳250万円275万円250万円293万円240万円261万円
21歳250万円274万円280万円293万円250万円260万円
22歳276万円286万円300万円301万円250万円274万円
23歳300万円302万円300万円318万円280万円288万円
24歳300万円329万円336万円347万円300万円314万円
25歳340万円351万円350万円372万円308万円332万円
26歳350万円370万円390万円395万円330万円346万円
27歳360万円385万円400万円412万円350万円358万円
28歳380万円399万円400万円428万円350万円367万円
29歳400万円409万円420万円442万円350万円371万円
30歳400万円416万円430万円453万円350万円371万円
31歳400万円428万円450万円465万円350万円379万円
32歳400万円435万円450万円476万円350万円379万円
33歳400万円445万円450万円491万円350万円381万円
34歳400万円447万円450万円492万円350万円384万円
35歳420万円457万円474万円506万円350万円388万円
36歳422万円462万円500万円516万円350万円388万円
37歳440万円474万円500万円530万円360万円394万円
38歳440万円477万円500万円536万円360万円397万円
39歳450万円486万円500万円550万円360万円396万円
40歳450万円495万円500万円561万円370万円407万円
41歳450万円504万円504万円570万円380万円415万円
42歳450万円502万円520万円573万円360万円405万円
43歳450万円507万円520万円577万円360万円413万円
44歳450万円504万円530万円579万円360万円407万円
45歳460万円517万円550万円593万円360万円413万円
46歳460万円519万円550万円598万円360万円412万円
47歳460万円520万円550万円603万円350万円401万円
48歳460万円527万円550万円608万円360万円414万円
49歳480万円531万円550万円611万円360万円410万円
50歳500万円546万円550万円624万円370万円422万円
51歳500万円559万円580万円636万円380万円424万円
52歳500万円581万円600万円659万円380万円440万円
53歳500万円588万円600万円668万円360万円432万円
54歳500万円613万円600万円699万円350万円426万円
55歳520万円615万円600万円686万円360万円431万円
56歳550万円634万円600万円706万円370万円434万円
57歳560万円643万円630万円712万円370万円432万円
58歳600万円675万円650万円727万円400万円476万円
59歳650万円727万円700万円771万円400万円493万円
60歳600万円702万円650万円736万円424万円510万円
61歳500万円593万円500万円620万円360万円427万円
62歳460万円602万円500万円634万円350万円394万円
63歳500万円588万円500万円614万円350万円406万円
64歳460万円563万円500万円586万円300万円377万円
65歳450万円534万円480万円553万円350万円377万円

年収中央値・平均年収はどのように変化する?

年齢で年収がどのように変化するのかをイメージしやすいように、男女別に年収の中央値と平均値の年齢ごとの推移をグラフで作成しました。

年齢別の年収中央値と平均年収

20代は、男女ともに年収中央値と平均年収の間に大きな差異はなく、就職してからの数年間は収入に大きな差は生じない傾向にあることが分かります。また、男女ともに平均年収のピークと年収中央値が60歳前後でほぼ一致しています。

ただし、年収中央値・平均年収ともに徐々に男女の差が開いていくことがグラフに表れています。男性の年収中央値・平均年収は20代後半で400万円台に達し、30代で500万円台、40代後半~50代で600万円台と右肩上がりに伸びているのに対し、女性は年収中央値が400万円台に達するのは50代後半、平均年収が400万円台に達するのは40代前半となっています。

dodaの年収査定で知ろう
適正年収と市場価値

年収査定で分かる4つのこと

  • あなたの適正年収

    あなたのこれまでの経歴から、適正年収を算出します。

  • 今後30年間の年収推移

    あなたの今後30年間の年収推移をグラフで表示します。

  • 転職してよかった!キャリアの可能性

    あなたに近いキャリアをお持ちの方の、転職事例をご紹介します。

  • あなたの適正年収から求人を探す

    結果をもとにdodaの求人情報から適正年収にあった求人情報が探せます。

年収査定を受ける(無料診断)

都道府県別の年収中央値

47都道府県を年収の中央値が高い順に並べ、ランキング化しました。

最も高いのは「東京都」で、年収中央値は400万円です。それに「神奈川県」が395万円、千葉県が380万円、「愛知県」「茨城県」「埼玉県」が370万円と続きました。前回は「千葉県」と「愛知県」が同額で3位だったものの、上位の都道府県のラインアップに大きな変化はありません。

47都道府県のうち、28道府県は前回よりも年収中央値が上昇し、「東京都」を含む19都府県は変化がありませんでした。特に上昇幅が大きかったのは「島根県」(350万円)と「秋田県」(330万円)で、ともに中央値は30万円アップしています。

男女別に見ても最も年収中央値が高い都道府県は東京都で、男性は450万円、女性は360万円でした。これは、前回に対し男性は30万円アップ、女性は10万円アップという結果です。

都道府県 全体 男性 女性
中央値 平均値 中央値 平均値 中央値 平均値
東京都400万円455万円450万円514万円360万円400万円
神奈川県395万円435万円440万円496万円350万円368万円
千葉県380万円422万円420万円478万円330万円356万円
愛知県370万円407万円420万円460万円300万円338万円
茨城県370万円412万円400万円457万円300万円343万円
埼玉県370万円415万円420万円467万円320万円351万円
三重県360万円401万円400万円445万円300万円332万円
滋賀県360万円407万円400万円455万円300万円336万円
静岡県360万円398万円400万円440万円300万円332万円
栃木県360万円407万円400万円454万円300万円330万円
愛媛県350万円384万円380万円424万円300万円323万円
岡山県350万円381万円400万円425万円300万円325万円
岐阜県350万円390万円400万円434万円300万円324万円
京都府350万円389万円400万円439万円300万円339万円
熊本県350万円372万円385万円412万円300万円319万円
群馬県350万円388万円400万円431万円300万円323万円
広島県350万円389万円400万円437万円300万円325万円
香川県350万円379万円400万円423万円300万円325万円
山口県350万円392万円400万円433万円300万円328万円
山梨県350万円384万円400万円421万円300万円327万円
石川県350万円383万円400万円429万円300万円319万円
大阪府350万円397万円400万円447万円300万円343万円
大分県350万円376万円384万円412万円300万円323万円
長野県350万円384万円400万円425万円300万円320万円
島根県350万円371万円370万円399万円300万円326万円
奈良県350万円392万円400万円443万円300万円330万円
富山県350万円385万円400万円427万円300万円319万円
福井県350万円383万円400万円421万円300万円323万円
福岡県350万円379万円400万円425万円300万円326万円
兵庫県350万円404万円400万円460万円300万円340万円
北海道350万円376万円380万円417万円300万円321万円
和歌山県350万円379万円380万円417万円300万円321万円
宮城県348万円375万円400万円423万円300万円320万円
長崎県344万円369万円370万円404万円300万円321万円
青森県341万円369万円360万円400万円300万円321万円
徳島県340万円371万円380万円412万円300万円317万円
福島県340万円371万円380万円412万円300万円307万円
鳥取県337万円363万円360万円393万円300万円321万円
佐賀県335万円364万円380万円404万円300万円310万円
岩手県330万円366万円360万円406万円300万円306万円
山形県330万円364万円366万円400万円300万円309万円
鹿児島県330万円364万円380万円405万円300万円307万円
秋田県330万円369万円360万円402万円300万円319万円
新潟県330万円363万円370万円399万円300万円311万円
宮崎県324万円365万円360万円403万円300万円309万円
高知県320万円357万円350万円387万円300万円323万円
沖縄県300万円347万円350万円377万円300万円309万円

職種・業種別年収中央値ランキング

職種別

職種別に比較した結果、年収中央値が最も高かったのは「医師」で950万円でした。それに2位「投資銀行業務」(810万円)、3位「弁護士」(730万円)と続きます。トップ3の並びは平均年収ランキングと変わりません。前回と比較すると、「投資銀行業務」の順位は前回3位から繰り上がり、今回から新たに加わった「弁護士」が3位になるなどの変化が見られました。

順位 職種名 中央値 求人
職種分類名 平均値
1位医師
技術系(メディカル/化学/食品)
950万円
1,028万円

求人を
見る

2位投資銀行業務
金融系専門職
810万円
947万円

求人を
見る

3位弁護士
専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)
730万円
825万円

求人を
見る

4MR
営業系
680万円
732万円

求人を
見る

5プロジェクトマネジャー
金融系専門職
670万円
691万円

求人を
見る

業種別

業種別に比較した結果、年収中央値が最も高かったのは「たばこ」で600万円でした。それに2位「投信/投資顧問」(580万円)、3位「医薬品メーカー」(570万円)と続きます。一方、平均年収では「投信/投資顧問」が750万円で1位、「たばこ」が667万円で2位でした。

順位 業種名 中央値 求人
業種分類名 平均値
1位たばこ
メーカー
600万円
667万円

求人を
見る

2位投信/投資顧問
金融
580万円
750万円

求人を
見る

3位医薬品メーカー
メディカル
570万円
647万円

求人を
見る

4トイレタリー
メーカー
515万円
561万円

求人を
見る

5医療機器メーカー
メディカル
500万円
562万円

求人を
見る

5財務/会計アドバイザリー(FAS)
サービス
500万円
585万円

求人を
見る

5証券会社
金融
500万円
596万円

求人を
見る

5信託銀行
金融
500万円
549万円

求人を
見る

5総合電機メーカー
メーカー
500万円
542万円

求人を
見る

中央値で見る生涯年収

年収中央値で算出した推定生涯年収は全体で1億9,140万円でした。男女別に見ると男性は2億2,200万円、女性は1億5,420万円です。前回と比較しての変化は、全体が160万円アップ、男性が300万円アップ、女性が260万円アップという結果でした。
この記事での生涯年収の計算方法は、22歳から65歳まで正社員として働き続けたと仮定し、各年代の年収中央値を年数分掛けた上で合計する、というものです。退職金や離職中の無収入期間などは考慮に入れていないため、あくまで参考値としてご活用ください。

全体
中央値 平均値
1億9,140万円2億2,112万円
男性
中央値 平均値
2億2,200万円2億4,591万円
女性
中央値 平均値
1億5,420万円1億7,505万円
このエントリーをはてなブックマークに追加

dodaの年収査定で知ろう
適正年収と市場価値

年収査定で分かる4つのこと

  • あなたの適正年収

    あなたのこれまでの経歴から、適正年収を算出します。

  • 今後30年間の年収推移

    あなたの今後30年間の年収推移をグラフで表示します。

  • 転職してよかった!キャリアの可能性

    あなたに近いキャリアをお持ちの方の、転職事例をご紹介します。

  • あなたの適正年収から求人を探す

    結果をもとにdodaの求人情報から適正年収にあった求人情報が探せます。

年収査定を受ける(無料診断)
転職のプロによるサポートで年収アップを目指すなら
エージェントサービスに申し込む(無料)
調査概要 【対象者】2022年9月~2023年8月末までの間に、dodaサービスにご登録いただいた20~65歳の男女
【雇用形態】正社員
【有効回答数】約63万件
※平均年収:手取りではなく支給額
※順位算出:平均年収(万円)の整数で順位づけ
※生涯賃金の算出方法:20代(22歳~)、30代、40代、50代以上(~65歳)における平均年収を年数分掛けて、合計した金額(退職金は含まない)(4つの年代区分のデータに不足がある場合は算出なし)
データのご利用について 出所が「転職サービスdoda」であることと、本ページのタイトルを明記し、本ページへのリンクを掲載の上で、利用してください

関連コンテンツ

【オンライン仕事力診断】リモートワークやWeb会議 新しい働き方に備えよう!
ハイクラス転職サービスdodaX

  • 第二新卒 志望動機