スマートフォン版で表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(転職検討・活動の準備)

Q. 転職活動は在職中・退職後、どちらがよいでしょうか?

現職が忙しいので一度退職してから転職活動を始めようと思うのですが、そもそも、転職活動に専念するために、退職してから活動を始めてもよいのでしょうか?(32歳/男性)

A.退職せず在職中に転職活動をするほうがメリットは大きいです。

確かに、現職が多忙であれば、働きながら転職活動をするというのは大変なことだと思います。しかし、退職してから転職活動することは、活動に集中できる時間が取りやすい半面、内定が出るまでの期間が長期化してしまった場合に、収入面・精神面で余裕がなくなってきてしまうリスクもあります。

会社を退職するという大きな決断をする前に、本当に時間をつくれないか検討してみましょう。日々の勤務時間を調整したり、通院や家庭の事情を理由に休みを取得したり、といった手段が見つかるかもしれません。

検討したうえで、それでも在職中の転職活動は難しい、と判断するのであれば、離職期間中の活動を計画的に進められるよう、生活設計や転職期間を決めたうえで決断することをおすすめします。

在職中に転職活動を行うべきか、退職後に行うべきか、それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、現在の環境などを総合して判断してみてください。

(キャリアアドバイザー 上杉 真由)

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

未経験歓迎や希望年収など気になるこだわり条件から求人を探そう!
求人情報を検索する
働きながらでも、離職中でも、転職活動の進め方をプロに相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職フェア(名古屋)