スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

サンプル

履歴書

Webデザイナー、ディレクター、編集など4職種について解説クリエイティブの志望動機の例文サンプル

WebプロデューサーやWebデザイナーなど、「クリエイティブ」職への転職で使える志望動機の例文サンプルを、経験者と未経験者のケース別にご紹介します。あなたの強みや経験、志望理由を企業に上手に伝えるための、書き方のポイントもあわせて解説していますので、これからクリエイティブ職として働きたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Webデザイナー

未経験者の例文

趣味のHPを作る際に参考にしたWebサイトの制作を手がけられた貴社が、Webデザイナーを募集していると知り、ぜひ貴社で働かせていただきたいと思い、志望しました。私は新卒で入社した現在の会社で2年ほど法人営業を担当していますが、大学時代から憧れていたWeb業界への夢が捨てきれず、1年前からWebデザインの専門学校に通っています。専門学校に入って以降は、タイポグラフィや色彩といったデザインの基本、Illustrator、Photoshop、Fireworksといったツール、HTML/CSSでのコーディング知識を習得し、現在は趣味でいくつかのサイトを作成・運営していますので、ポートフォリオをご覧いただければと思います。また、学校で学ぶだけでなく独学でPHP やJavaScriptについても勉強を続けています。ぜひ、一度面談のチャンスをいただければと思います。なにとぞ、よろしくお願いいたします。

経験者の例文

現職では主に大手自動車メーカーのコーポレートサイト、ブランドサイト、キャンペーンサイトのデザインを手がけていますが、会社規模が小さいこともあり、レスポンシブデザインへの対応はもとより、CSSやJavaScriptを使用したフロントエンドの開発業務やjQueryによるサイトの動的処理なども担当してきました。私は新卒時にアパレル企業への就職を考えたことがあるほど、ファッション業界に強い興味を持っており、貴社が手がけているようなアパレルメーカーのサイトやLPを、いつかは自分の手で作成してみたいと考えていました。自動車とファッションは異なるジャンルではありますが、大手企業のサイトを担当してきたことで身につけたコミュニケーション能力、スケジュール管理能力は貴社でも活かせると考えています。また、詳しくはポートフォリオをご参照いただければと思いますが、ブランドサイトなどにおける商品の見せ方には共通点も多いと感じており、私が培ってきたWebデザインに関するスキル・経験を存分に活かして貢献させていただくつもりです。

書き方のポイント・解説

Webデザイナーの選考ではポートフォリオ(自身の作品集・実績例)が重視されるので、提出したポートフォリオの内容と矛盾が生じない形で志望動機をまとめると良いでしょう。

「長期的にデザイナーを続けていきたい」、「ゆくゆくはディレクターやエンジニアなどへのキャリアチェンジを考えている」といった、将来的なキャリアプランの希望があれば記載するのもいいでしょう。

経験者の場合は、ポートフォリオや職務経歴欄では表現しにくいコミュニケーション能力などについてもアピールしておきましょう。顧客やプロデュサー、ディレクターとの仕事の中で能力を発揮できたエピソードなどがあるとベターです。

未経験の場合は、すでに習得している、あるいは勉強中の技術やソフトがあれば明記しておきましょう。また、趣味で作っているサイトなどがあればポートフォリオとして提出することも大切です。

Web・モバイル(制作・開発)の求人を見る

Webプロデューサー/Webディレクター

未経験者の例文

Webデザイナーとして企業のコーポレートサイトや官公庁のWebサイト、さまざまなサービス・製品のLP制作に携ってきましたが、最近では社内のデザインチームのリーダー業務も並行して担当しており、プロジェクト管理的な仕事も任されています。デザイン業務だけでなく、サイト全体の企画や仕様検討などに関われることに加え、クライアントの担当者やエンジニア、パートナー企業のクリエイターなど、多くの人々と関わることのできる仕事にやりがいを感じるようになり、次第にWebプロデューサーとしてのキャリアを歩みたいと考えるようになりました。明確な評価制度、多彩なキャリアパスが整備されている貴社では、デザイナーからプロデューサーへとキャリアアップして活躍されている方も多数在籍されていると伺っています。まだまだ学び続けなければならないと感じていますが、現職で培ったコミュニケーション能力やサイト構築力を存分に活かし、Webプロデュサーとして貴社の業務に貢献させていただければと思います。

経験者の例文

新卒で現在の会社に入社し、コーダー、デザイナー、ディレクターを経て、3年前からWebサイトのプロデュース業務全般を任されています。百貨店や大手小売店のECサイト、メーカーのコーポレートサイトを中心に、この3年間で10サイトの立ち上げをリードしてきました。今後は社会的にも大きな影響力を持つWebメディアのフィールドで自分の能力を活かしたいと考えており、貴社を志望いたします。これまでの業務では社内外50名以上のスタッフをリードしながらプロジェクトを進めてきました。そこで身につけたプロジェクト管理能力、スケジュールへのコミット力に加え、サイトリリース後の集客施策を含めたプロデュース業務で得られたWebマーケティング、デジタルマーケティング全般に関する知見が私の強みです。それらを活かし、貴社Webメディアのさらなる拡大、成長に貢献させていただく所存です。

書き方のポイント・解説

志望企業のどのようなサイト、サービスに興味を持っているのか伝えましょう。また、これまでの経験が志望企業でどのように活かせるのかも明記しましょう。

自分の実績の中でも特にアピールしておきたい案件やプロジェクトを記載し、それらの仕事から何を得たのかについても書きましょう。

職務経歴欄では伝わりにくい、リーダーシップや調整力、スケジュール管理能力などは志望動機と交えてアピールするのも効果的です。

未経験の場合は、どのような職種からのキャリアチェンジであっても、「なぜWebプロデューサーを志すのか」という明確な理由を添えましょう。また、人をまとめる仕事やプロジェクトを管理した経験、あるいはそれらに近い経験、エピソードを記載しましょう。

Web・モバイル(制作・開発)の求人を見る

編集・コンテンツ企画

未経験者の例文

現在の会社では自社メディアの営業を担当しています。私が顧客に提案しているのはネイティブアドに関する部分のみとなりますが、メディアのターゲット層に適した形で商品やサービスをアピールするために、私自身で広告のクリエイティブを企画することも少なくありませんでした。次第に私の企画を評価してくださるお客さまが増え、ライターやデザイナーと一緒に広告やコンテンツの企画を考え、アウトプットする仕事にやりがいを感じるようになりました。私は高校時代から貴社の運営するゲームサイトのファンで、現在でもあらゆるコンテンツを拝見しております。そんな貴社がゲームサイトのコンテンツ企画者を募集していると知り、ぜひチャレンジさせていただきたいと思いました。私は多くの人と協業し、新しいものを生み出すことが得意です。貴社のさまざまなプロフェッショナルの皆さんと一緒に、現在のゲーム市場を盛り上げ、リードしていけるようなサイトを作っていくつもりです。ぜひ私にチャンスをいただければと思います。

経験者の例文

今回、貴社が新たにスポーツメディアを立ち上げると知り、ぜひ私をスタートアップメンバーに加えていただきたいと思い、志望させていただきました。私は中学・高校・大学とサッカー部に所属していました。今もサッカーをはじめ、野球、ラグビーといったプロスポーツが大好きで、月に3度は観戦に出かけています。私は現在の会社で約2年間、自社で運営する複数の医療従事者向けWebメディアのプランニングやコンテンツ編集に携わってきました。新規サイトに関してはサイト全体のコンセプト作りから、サイトマップ、仕様書の作成を中心に担当し、リリース後のサイトに関しては運営計画やコンテンツの企画・制作、さらにはSEOやSNS展開、リスティング広告やリターゲティング広告などの集客施策までを幅広く手がけています。医療従事者というニッチ層をターゲットとしていたものの、コンテンツ企画を含むさまざまな施策でCTR、CVRを向上させてきた経験があり、スポーツファン全般をターゲットとした貴社の新メディアでも必ず活かすことができると考えています。

書き方のポイント・解説

志望企業で関わるメディアやサービスが明確な場合は、そのメディアに関わりたい理由について記載しておきましょう。

経験者の場合は、現在携わっているメディアやサービスの特性、ターゲット層、流通形態(オンラインかオフラインか)などを明記しましょう。

経験者の場合は、編集・企画の仕事は企業によって担当業務の範囲が大きく異なるため、できるだけ具体的な内容を記載するといいでしょう。

未経験の場合は、編集・企画の仕事に必要とされる企画実現力や調整力、人を巻き込む力、人を動かす力などは職務経歴欄の中ではアピールしにくいため、そうしたスキルに自信がある場合は志望動機に盛り込んでおきましょう。

出版・広告・販促・印刷の求人を見る

出版・広告・販促・印刷デザイナー

未経験者の例文

現在は広告代理店で営業を担当していますが、制作に携わりたいと感じ転職を決意しました。自分でデザインしたものや制作したものを手に取ってもらい、顧客との接点ができるきっかけづくりに役立ちたいと考え、販促物や広告の制作などを幅広く手掛ける貴社を志望しています。貴社では、これまでの広告代理店での営業経験や、大学時代にビジネスデザインを専攻した経験を活かして、顧客との折衝や市場・競合分析を行い、顧客に納得していただけるデザインを制作することで、顧客獲得に貢献していきたいと考えています。

経験者の例文

現在の仕事では制作会社のデザイナーとして、販促物やポスターを制作していますが、納品後のターゲット層の反応や、売り上げに与えた影響が分からないため、マーケティングにつながる取り組みにデザイナーとして携わりたいと考え転職を決意しました。貴社のビジョンに共感し、ポスターなどから発信したメッセージを新たなお客さまに届け、貴社を利用していただくことで転職活動を支援したいと考え志望しています。貴社では制作会社で培ったデザインやディレクション業務の経験を活かして、人の目を惹く販促物の制作により、お客さまとの接点となるきっかけづくりに貢献したいと考えています。

書き方のポイント・解説

未経験の場合は、専門学校や大学でデザインを専攻していたことをアピールできるとよいでしょう。

未経験の場合は、なぜその仕事をしたいのかという明確なビジョンを記載してください。

経験者の場合は、転職したい背景と、志望企業の事業の拡大や、志望企業の先にいるお客さまへの貢献まで考えて、何を実現したいのかを明確に記載しましょう。

出版・広告・販促・印刷の求人を見る
志望動機の書き方・まとめ方を転職のプロに相談しよう!
エージェントサービスに申し込む(無料)
16問の設問に答えるだけであなたのアピールポイントを発見!
「自己PR」発掘診断を使ってみる
納得のいく志望動機が書けたらさっそく仕事を探してみよう
クリエイティブの求人を見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

もっとやりたい仕事があるはずだから。変えるなら、きっと今だ。転職ならdoda