転職・求人doda(デューダ)トップ > なるほど!転職ガイド > 平均年収 > 平均年収ランキング2007 > 広報|専門・クリエイティブ(平均年収2007)
平均年収(最新版)はこちら
doda職種別平均年収

平均年収ランキング2007 広報の平均年収|専門・クリエイティブ

※2007年9月doda登録者データより算出 ※[max]は集計対象データの中の最高金額です。

企業情報をオープンにして企業ブランディング “攻めの広報”へと部門強化の取り組み

多くの企業、とくに大手企業や株式公開企業ほど、広報の重要性を認識しています。
マスコミに向けてニュースリリースを配信して取材や問い合わせに対応するといった“受け身の広報”だけではなく、主体的に企業メッセージを伝えて企業ブランドを醸成する“攻めの広報”へと、広報業務のあり方を変化させているのです。
大金を投じて広告出稿するよりも、広報から発信したニュースソースが第三者によって客観的に取り上げられたほうがPR効果が高い場合もあります。
また、常にオープンに情報公開する企業姿勢は、万が一トラブルが発生した場合のリスクヘッジにもつながります。
こうした背景から広報部門の強化に取り組む企業は増加の傾向にあります。
ただし、広報職は専門職であることはもちろん、各メディア(TV、新聞、雑誌など)の担当者とリレーションが築かれているかどうかも業務の質を左右することから、経験者採用が中心です。
企業が広報業務を外部のPR専門代理店にアウトソーシングするケースも多いので、それらの企業での人材採用ニーズもありますが、やはり経験者の採用がほとんどです。

転職フェア広島