スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2009
機械設計の平均年収|エンジニア(電気・電子・機械・化学)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 25〜29歳
    405万円(最高 700万円)
  • 30〜34歳
    477万円(最高 950万円)
  • 35〜39歳
    531万円(最高 900万円)

不況の影響を大きく受け、大幅な減少

グラフ:年齢別推移

機械設計の平均年収は452万円となりました。エンジニア(電気・電子・機械・化学)カテゴリの中で最も減少幅が大きく、設備投資の抑制や工作機械・産業機械の受注減少の影響を大きく受ける結果となりました。しかし、ハイブリッドカーなどの自動車開発や重工業系の開発ではニーズが高まっています。

年収アップの第一歩は、自分の適正年収を正しく把握するところから始まります。あなたは、経験やスキルに見合った年収をもらえているでしょうか?dodaなら、年収査定サービスを無料で利用できます。

自分の「本当の年収」を知りたい方は、コチラからお申し込みを。
適正年収を診断する

気になる「あの職種」の年収は?

機械設計を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

機械設計は、ほぼ全ての工業製品が対象となりますが、(1)重工業系(重機械やプラントなど)、(2)一般機械系(自動車、産業機械など)、(3)精密機械系(時計やカメラなど)の3つに大別されます。製品は、「機構」「筐体」「制御」の3つの要素で構成されており、その「機構」「筐体」に関する技術開発が機械設計と呼ばれます。機械工学は、機構学や材料力学、流体力学、熱力学、摩擦工学、制御工学などさまざまな要素で複合的に成り立っており、同じ機械設計でも腕時計などの精密機械系とプラントなどの重工業系では求められる技術内容が異なり、転職は難しいでしょう。

おすすめリンク

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

自分の「本当の年収」を知りたいなら年収査定サービス
適正年収を受ける
あなたの専任キャリアアドバイザーが転職アドバイス
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校