スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2009
化学・素材の平均年収|エンジニア(電気・電子・機械・化学)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 25〜29歳
    403万円(最高 700万円)
  • 30〜34歳
    471万円(最高 960万円)
  • 35〜39歳
    547万円(最高 1,000万円)

専門性や経験により年収差

グラフ:年齢別推移

化学・素材の平均年収は448万円となりました。昨年と比べると、25〜29歳、30〜34歳の平均年収が減少したのに対し、35〜39歳の年収が上昇しています。専門性・マネジメント経験などにより差が生じる傾向にあると言えるでしょう。

年収アップの第一歩は、自分の適正年収を正しく把握するところから始まります。あなたは、経験やスキルに見合った年収をもらえているでしょうか?dodaなら、年収査定サービスを無料で利用できます。

自分の「本当の年収」を知りたい方は、コチラからお申し込みを。
適正年収を診断する

気になる「あの職種」の年収は?

化学・素材を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

化学・素材に関連する開発職種としては、材料開発・解析(ゴム・プラスチック・金属・薬品・溶剤開発など)、分析(環境分析・材料解析・物性分析など)、生産技術/生産管理/エンジニアリング(プラントなど)が挙げられます。製品分野が多岐にわたることが特徴で、化学に関しては有機化学系と無機化学系に大別され、素材に関しては鉄・非鉄金属、紙・パルプ、石油、ガラスなどがあり、各製品における専門性が要求される職種となります。

おすすめリンク

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

自分の「本当の年収」を知りたいなら年収査定サービス
適正年収を受ける
あなたの専任キャリアアドバイザーが転職アドバイス
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?