スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2009
研究開発の平均年収|エンジニア(電気・電子・機械・化学)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 25〜29歳
    413万円(最高 580万円)
  • 30〜34歳
    513万円(最高 876万円)
  • 35〜39歳
    652万円(最高 1,060万円)

開発抑制の影響を受け、30代で大きく減少

グラフ:年齢別推移

研究開発の平均年収は503万円となりました。新規開発が抑制される中で、人件費が削減されたことが影響し、全年代で平均年収は減少となりました。例外として、環境・エネルギー関連ビジネスのような、今後の拡大が見込まれる事業では、研究開発の役割はさらに高まっていくと考えられます。

年収アップの第一歩は、自分の適正年収を正しく把握するところから始まります。あなたは、経験やスキルに見合った年収をもらえているでしょうか?dodaなら、年収査定サービスを無料で利用できます。

自分の「本当の年収」を知りたい方は、コチラからお申し込みを。
適正年収を診断する

気になる「あの職種」の年収は?

研究開発を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

研究開発とは、特定の対象を調査して、基礎学問の研究や、目的に応じた応用研究の模索、将来的に発展する技術などの試験を行い、技術的な優位を得るための活動のことを意味します。企業においては、研究開発に専門的に従事する職種のことを意味します。英語では、Research and Developmentという呼称を用いられることが多く、20世紀の初頭以降に用いられるようになった言葉であり、R&Dという略称が用いられることもあります。

おすすめリンク

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

自分の「本当の年収」を知りたいなら年収査定サービス
適正年収を受ける
あなたの専任キャリアアドバイザーが転職アドバイス
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校