スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(転職検討・活動の準備)

Q. 30代から未経験の職業へ転職はできる? 何か資格は必要?

会社都合で転職活動をすることになりましたが、特にアピールできるものがありません。せっかくなら新しいことにチャレンジしたいのですが、30代で未経験の職業を目指せますか? 資格を何も持っていないので不安です。(35歳/男性)

A.可能です。資格の有無よりも経験を少しでも活かした挑戦を。

30代で未経験の職種・業種に転職する方は数多くいらっしゃいます。ただし、前職と同程度かそれ以上の待遇を期待する場合、年齢相応の戦力になることを求められるので、いかに転職先で活躍できるかをアピールすることが重要です。企業としても、30代でまったくの未経験者を採用するメリットは少なく、内定への道は狭き門となります。そのため、職種や業界などすべてが新しい未経験の職業を目指すのではなく、職種は変えても業界や顧客層は同じなど、部分的に重なりを持たせつつ新しい業務に挑戦し、仕事をスライドする感覚で転職活動をすることが内定への近道になるでしょう。経験を活かす転職でも、業界や職種が異なれば新鮮な印象になるものです。職種・業界ともに未経験の職業に就くこともできますが、一からの挑戦になるので極端に年収が下がることも覚悟しておきましょう。

転職活動では、経験した業務のどの部分を活かしていくかを考えるために、持っている技術、業界知識、マネジメント経験、顧客とのつながりなど、経験の棚卸しから始めましょう。例えば、現在不動産営業の方なら、同じ不動産業界での営業管理業務や、駐車場の運営会社で用地仕入れ業務などの職業に就くことができるかもしれません。

このように重なりのある技術や業界知識があれば、採用企業としてもしっかりと活躍していけるイメージがつかみやすくなります。また、重なっている部分が少ないのであれば、業務の中で培ってきたプロジェクトの管理能力や対人折衝能力など、汎用性のある能力も併せて伝えることが大切です。資格については、実務での経験こそが採用の大きな判断基準となるので、転職先で活かせる業務独占資格などでない限り、転職ではあまり影響しません。焦って新しい資格を取得するよりも、自分の経験を活かしつつ、新しい気持ちで挑戦できる職業を吟味することを優先させましょう。

(キャリアアドバイザー 加賀美 文久)

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

転職活動を長引かせないためにもさっそく求人を探してみよう
希望の条件から求人を探す
これからの転職活動の進め方を転職のプロに相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Web・オープン系エンジニアのためのdoda転職フェア セレクトオンライン