スマートフォン版で表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(面接)

Q. 仕事経験が少ないので、学生時代頑張ったエピソードを話してもいい?

私は社会人経験が少なく、仕事でこれといった実績がありません。学生時代頑張ったことのエピソードを話してもいいですか?(T.Mさん/21歳)

A. 基本的に学生時代の話がアピールになるのは第二新卒までです。できるだけ、社会人経験を優先しましょう。

中途採用の面接とは、あくまでも社会人経験をアピールする場。基本的には、学生時代の話よりも社会人経験を優先すべきでしょう。その業界・職種の経験不足だということは、書類選考の時点で企業側に伝わっています。それでも面接に呼ばれているということは、採用の可能性があるということです。

企業側は応募者の未来への可能性を知りたくて面接しています。そこを理解した上での、学生時代の話ならばアピールになるでしょう。 しかし、やみくもに過去の話をすればいいというわけではありません。あくまでその経験談から、自分の強みが何で、それを使ってどのように会社に貢献するか、ということを伝えられるエピソードを話さなければ、アピールにはならないのです。

基本的に学生時代の話がアピールになるのは第二新卒まで。それ以上になると、仕事での実績や成果がポイントになりますので注意が必要です。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

dodaのサービスを利用する
会員登録をする(無料)
キャリアアドバイザーに面接のアドバイスを聞く
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職フェア(名古屋)、doda転職フェア(大阪)

名古屋 大阪