スマートフォン版で表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(面接)

Q. 面接でどうしても話したいことを、うまく切り出すにはどうしたらよいですか?

面接でどうしても伝えたいことを聞かれなかった場合どうすればよいでしょうか。(A.Iさん/23歳)

A. 会話の流れで伝えるか、自己PRの時間など、自由に話せるような質問のときにうまく伝えるようにしましょう。

面接はあくまでコミュニケーションです。言いたいことはできるだけ会話の流れで伝えましょう。前もって、その話題に触れてもらえるように、履歴書や職務経歴書にアピールポイントを書いておくのも一つの手です。

ただし、面接で自分に都合よく会話をコントロールするのは難しいこと。そういう流れにならないこともありますし、緊張して言い忘れることもあるかもしれません。そういった懸念があるならば、自己PRの時間など、自由に話せるような質問の時にうまく伝えるようにしましょう。

しかし、面接で聞かれてもいないことを突然話し出すのは避けましょう。言い逃した場合は、最後に質問を聞かれた時に「質問ではないのですがよろしいでしょうか?」と切り出してみてください。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

dodaのサービスを利用する
会員登録をする(無料)
キャリアアドバイザーに面接のアドバイスを聞く
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職フェア(名古屋)、doda転職フェア(大阪)

名古屋 大阪