転職理由ランキング2009年 年齢別

掲載日:2009.03.26
転職理由にも社会情勢の変化が影響を与えているようです。特に2008年9月以降の急速な景気悪化で企業の倒産やリストラが急増していることを背景に、転職理由にも「倒産/リストラ/契約期間の満了」の項目が2008年9月までと10月以降とを比較して2倍近くに増えているという実態が浮かび上がりました。
今回のランキングでは総合ランキングのご紹介と共に、年齢別や男女別での傾向の違いも紹介します。
※データ出展:本コンテンツのデータはdodaサービスにご登録いただいている方のデータより抽出しています。
  データ抽出期間:2008年10月1日〜2009年1月31日 有効回答数:30146件
  • 総合版
  • 年齢別
  • 男女別

転職理由ランキング(年齢別)

順位 20代 割合
1位 他にやりたい仕事がある 12.3%
2位 会社の将来性が不安 10.8%
3位 給与に不満がある 7.5%
4位 専門知識・技術力を習得したい 7.1%
5位 残業が多い/休日が少ない 6.2%
6位 雇用形態を変えたい 5.5%
7位 倒産/リストラ/契約期間の満了 5.0%
8位 幅広い経験・知識を得たい 4.1%
9位 業界の先行きが不安 3.0%
10位 会社の評価方法に不満がある 2.3%
順位 30代 割合
1位 会社の将来性が不安 16.0%
2位 他にやりたい仕事がある 9.7%
3位 専門知識・技術力を習得したい 8.0%
4位 倒産/リストラ/契約期間の満了 7.5%
5位 給与に不満がある 7.3%
6位 雇用形態を変えたい 4.7%
7位 幅広い経験・知識を得たい 4.6%
8位 残業が多い/休日が少ない 4.1%
9位 業界の先行きが不安 4.0%
10位 市場価値を上げたい 2.6%
順位 40代 割合
1位 会社の将来性が不安 19.7%
2位 倒産/リストラ/契約期間の満了 15.2%
3位 他にやりたい仕事がある 8.6%
4位 専門知識・技術力を習得したい 5.9%
5位 給与に不満がある 3.4%
6位 幅広い経験・知識を得たい 2.9%
7位 I/Uターンしたい 2.6%
8位 業界の先行きが不安 2.6%
9位 残業が多い/休日が少ない 2.4%
10位 ワンマン(強力なトップダウン)経営が不満 2.1%
年齢と転職理由の相関グラフ
年齢の上昇とともに会社の将来性や雇用に対する不安が増加20代の転職理由第1位は「他にやりたい仕事がある」。30代・40代では「会社の将来性が不安」が断トツでトップ。

全体的に、年齢が低いほど給与、雇用形態、評価方法など会社や組織に対する不満を転職理由にする人が多く、年齢が高くなるほど会社や自身の雇用に対しての不安が募ってきているという傾向が見られた。 若いうちはさまざまなことに挑戦したいと考える人が多く、ある一定の年齢以上になると、安定的に働けるかどうかに対する不安を抱える人が増えていくようだ。一方、30代では「専門知識・技術力を習得したい」「幅広い経験・知識を得たい」などの項目が他の年代に比べ高く、全年代中で最も成長意欲の高い年代だということが明らかになった。

転職理由事例集
  • 経営者が経験不足で、会社運営の方法や会社の方向性に具体的方針や目標が定まっておらず、何をどうしたいのかが不透明。
    業績下降に対する危機感の欠如に将来的な不安を覚え転職を決意いたしました。 (営業・41歳・男性)
  • もっと自分の知らない経験をしていろいろな人と接することで、私自身の技術的・内面的な成長を望んでおります。
    多くのことを学び、それを実行できる人間になりたいと思い転職を考えました。(メーカー・32歳・男性)
  • 現職では職種の転換ができず、新しいことに挑戦するということができない環境です。他の業界に触れて仕事の幅を広げたい、
    たくさんの人に出会いもっと成長したいと思って転職を決意いたしました。(販売/サービス・28歳・女性)

doda転職オンライン予備校