スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2008
生産技術の平均年収|エンジニア(電気・電子・機械・化学)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 25~29歳
    419万円(最高 700万円)
  • 30~34歳
    476万円(最高 800万円)
  • 35~39歳
    519万円(最高 1,100万円)

前年からの大きな上下動はなく、比較的安定的に推移

グラフ:年齢別推移

生産技術の平均年収は453万円となりました(25~39歳)。2007年と比べ、全年代ともに数万円程度下がりはしたものの、他職種に比して大きな変動はありません。平均すると、同じエンジニア職のカテゴリでの比較では年収は高いほうではありませんが、製品にとらわれず業界を変えることも可能な職種であり、より利益率の高い製品を扱う企業へ転職することによって年収アップを狙えます。

年収アップの第一歩は、自分の適正年収を正しく把握するところから始まります。あなたは、経験やスキルに見合った年収をもらえているでしょうか?dodaなら、年収査定サービスを無料で利用できます。

自分の「本当の年収」を知りたい方は、コチラからお申し込みを。
適正年収を診断する

気になる「あの職種」の年収は?

生産技術を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

生産技術とは、主に製造業において設計部門と製造部門の間で「より効率的に高品質な製品を生産するための技術」を開発する仕事です。生産性を最大限に高め、技術的な側面から製品の品質とコストの管理を担います。具体的には、製造ラインの全体の流れから、各工程に必要な工法開発・設備導入・管理等にまで携わり、経営工学の観点から最適な仕組みを構築していきます。製品の高品質を保持しつつ、開発・製造のリードタイム短縮とコスト削減を図る、経営に直結する重要な職種です。

採用トピックス

製造業では全般的にエンジニアの採用を抑える傾向にある中、発電プラントにおけるニーズが比較的高く、タービン製造に活かせる切削・研削や溶接などの技術を持ったエンジニアが業界を変えて転職をする動きが見られます。また、生産技術の中でも、生産準備・工程設計の経験がある方は、比較的業界の枠を超えて転職しやすいようです。また、既存の設備・製造工程の中から課題を抽出し、現場の技術者たちと改善を行っていく製造技術に携わる人、特にIE(インダストリアルエンジニアリング)の知識を持った人へのニーズが高いです。第二新卒をはじめとする若年層の採用が厳しくなっている反面、高いスキルと経験があれば40歳前後の方も採用されています。

おすすめリンク

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

自分の「本当の年収」を知りたいなら年収査定サービス
適正年収を受ける
あなたの専任キャリアアドバイザーが転職アドバイス
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校