スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A ~プロが答えるQ&A(面接)~

Q. 面接で聞かれる自己PRと長所は何が違うの?

現在、初めての転職活動をしています。いろいろ情報収集をしていると、面接で自己PRと長所を別々に聞かれるケースがあるようなのですが、どのような違いがあるのかが分かりません。それぞれ何を伝えればいいのかを教えてください。(26歳/男性)

A.どちらも回答すべきなのは仕事上の強み。答え方を工夫するのがスマートです。

自己PRも長所も、採用担当者にとっては「応募者が自社の仕事で活躍してくれそうか」を見極めるための質問です。どちらの質問を受けたとしても、応募企業、職種で活かせるであろう、経験やスキル、強みについて回答すべきでしょう。あえて違いを挙げるのであれば、その答え方。

転職活動における面接は、多くの場合、「自己PRをしてください」「自己紹介をしてください」といった問いかけからスタートします。このとき、採用担当者は「経歴や実績を含めて」というニュアンスを含ませているのが一般的。「●●株式会社で▲年間、■■という業務を担当してきました」「●●という業務の中で、▲▲というスキルを身につけ、■■の実績をあげました」などと答えるのが、面接官にとって分かりやすいと考えられます。

一方、「長所を教えてください」と質問された場合には、自己PRの内容を踏まえて、より強みを深掘りしたいという意図が感じられます。そのため、スキルや強みを起点として回答するのがスマート。実際には「私の長所は●●です。前職では▲年間で■■という実績を残すことができました」といった回答方法が好ましいでしょう。また、自己PRと同様に長所の裏付けとなる実績は必要不可欠です。

ちなみに、自己PRと長所の内容が重複しても構いませんし、自己PRの中で長所をアピールしても問題ありません。

以下のページで面接での自己PRと長所の答え方について詳しく解説しているので参考にしてください。

キャリアアドバイザーに面接のアドバイスを聞こう
エージェントサービスに申し込む(無料)
面接で話す強みを自己PR診断で発掘しよう
自己PR発掘診断を受ける
1対1ではたらくサポーターと面接の練習をしよう
開催スケジュールを見る
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校