スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A ~プロが答えるQ&A(履歴書・職務経歴書)~

Q. 封筒に「履歴書在中」の記載は必須?「応募書類在中」ではダメ?

履歴書を封筒に入れて提出する場合、封筒に「履歴書在中」と書くことがマナーだと聞きました。これは必須なのでしょうか?また、履歴書以外の提出書類も同じ封筒に入れる場合は、「履歴書在中」ではない書き方があるのでしょうか?どのような書き方が正しいのか教えてください。(29歳/男性)

A.必ず記載すること。履歴書以外の書類が入っている場合は「応募書類在中」がベターです

履歴書の提出に使用する封筒には、必ず「履歴書在中」という文字を書いてください。封筒の中身が履歴書であることを強調し、履歴書を採用担当者まで間違いなく届け、スムーズに開封をしてもらうためです。企業や採用担当の部署である人事部には日々たくさんの郵便物が届きます。封筒の中身がひと目で把握できないと、社内の別の部署に誤って届けられてしまったり、採用担当者が開封するまでに時間がかかってしまったりする可能性もあります。

せっかくていねいに仕上げた履歴書も採用担当者の目に触れなければ意味がありません。採用担当者のもとに届く前に、他のライバルの選考が進んでしまい、合格が遠のいてしまうこともあるでしょう。履歴書在中と封筒に記載しておくことは、企業や採用担当者に対する配慮であるとともに、自分が書類選考に合格するためのひとつの手段でもあるのです。

また、封筒の中身が履歴書と送付状・添え状だけなら「履歴書在中」と書くのが正解です。ただし、履歴書以外に職務経歴書やポートフォリオ(これまで制作してきた作品集)などを同封する場合は、「応募書類在中」と書くといいでしょう。履歴書だけなのか、それ以外も含むのかで考えると理解しやすいはずです。

なお、「履歴書在中」「応募書類在中」は、郵送の場合、持参の場合に関わらず記載するのがマナーとされています。この記載がないからといってマイナスの評価につながるということはまずありませんが、一般常識の範疇でもあるので、手を抜かずにしっかりと記載してください。

▼「履歴書在中」と「応募書類在中」の使い分け

「履歴書在中」「応募書類在中」の正しい書き方

「履歴書在中」「応募書類在中」を書くときのポイントは、位置と色です。封筒を受け取った人の目に確実に留まるようにすることを最優先します。

書く位置は封筒の表面の左側のやや下です。履歴書を封筒に入れて提出する場合、角形2号サイズの封筒を使用するのが一般的。郵送をする場合は縦書きで宛先と宛名を書くことになります。「履歴書在中」の文字も同様に縦書きで、封筒をタテにしたときの左下に書きましょう。「履歴書在中」はここに書くのが慣習なので、この場所以外に書かれていると受け取り手に気づかれないことがあります。手渡しするときも同じ位置に記載してください。

色は赤色で書いてください。さらに「履歴書在中」もしくは「応募書類在中」という文字の周りを同じ赤色の長方形で囲みます。文字を囲んで強調することで、受け取り手の目をひくことができます。使用するペンには、にじみにくいボールペンをおすすめします。文字の周りの囲みは、定規を使ってきれいな長方形に仕上げること。形がゆがんでいると慎重さに欠ける人というイメージを与えかねません。

▼正しい「履歴書在中」「応募書類在中」の記入例

「履歴書在中」「応募書類在中」のスタンプを使ってもOK

文房具店などには、「履歴書在中」「応募書類在中」の文字を押せるスタンプが販売されています。手書きでなくスタンプを利用しても構いません。また、「履歴書在中」の文字があらかじめ印字された封筒もあります。字を書くのが得意ではない人は、こういったものを上手に活用してもいいでしょう。

ただし、「履歴書在中」のシールは避けるのが得策です。シールは郵送の途中ではがれてしまう危険性があるからです。「履歴書在中」を記載する目的は、履歴書を採用担当者の手元に確実に届け、中身を把握してもらうこと。この目的を理解したうえで実践してください。

(キャリアアドバイザー 岩瀬 翔)

応募書類のブラッシュアップはキャリアアドバイザーがお手伝いします
エージェントサービスに申し込む(無料)
あなたの自己PRポイントを診断!履歴書作成もこれで迷わない
「自己PR」発掘診断を受ける
質問に答えるだけでカンタンに職務経歴書作成ができる!
レジュメビルダーで書類作成する

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?