スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職理由で言いづらい 人間関係の10の正体

01

人間関係じゃなくて…社風

社風 転職理由で言いづらい…人間関係の10の正体

先輩・上司にまったく意見できない…社風が合わない

学生時代にあこがれた、社員同士の結束が固くて、勢いもありそうな会社。念願かなって入社したは良いものの、その実情は「上の言うことは絶対!」な超体育会系だった! とにかく先輩の言うことは絶対、上司の言うことはもっと絶対! いわゆる昭和のノリが残っていて、年長者が下の代を従えるような組織構造のスポ根会社にうんざり…。

直属の上司やリーダーなど特定の誰かではなく、一定以上のポジションの人がみんな同じように体育会系の場合、人間関係ではなく社風が原因である可能性大です。

言葉や数字で表しづらいものだからこそ、外から見える印象と実際の社風が違うことって、実は結構あるものなんです。ただどんなにきつくても、「体育会系が嫌だから」「先輩が怖いから」という理由をそのまま転職の面接で話すわけにもいかない。では、こんなふうに言い換えてみてはいかがでしょうか。

転職理由への言い換え

「今の会社は硬直した年功序列型で、上司や先輩に対し意見や提案をしづらい空気があります。もっとフラットな環境で、年次にかかわらず本質的な意見を交わし合える企業で働きたいと考えています」

テキスト:檜垣優香/プレスラボ
イラスト:ウラケン・ボルボックス

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

あなたは仕事で何を大事にするタイプ?
キャリアタイプ診断
「これって人間関係?」キャリアアドバイザーに相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)

doda転職オンライン予備校