スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職理由で言いづらい 人間関係の10の正体

07

人間関係じゃなくて…仕事を教えてもらえない

教えてもらえない 転職理由で言いづらい…人間関係の10の正体

誰に聞いたらいいの?…仕事を教えてもらえない

分からないことがあっても聞きづらい。あの人は忙しそう、あの人はまた外出、そしてあの人はいつも「まずは自分で考えてみて」って言う……きちんと仕事を教えてくれる人が一人もいない! と思わず書類をたたきつけて叫びたくなる気持ち、分かります。「誰に相談しよう……」と先輩たちの顔色を見比べながら悩む時間もしんどいものです。

会社はさまざまな人がいて、一緒に協力しながら仕事をしていくもの。ましてや新人に対しては、業務内容をきちんと理解するまで向き合うのが望ましい組織と言えるでしょう。もちろんどこまでどのように教えるのか、教育方針は会社によって異なります。でも、あなたが誰に質問したらいいのかすら分からず立ち往生しているなら、それはもう特定の先輩ではなく組織の問題。「新人を育てる体制が整っていない」とも言えます。

積もり積もった不安やストレスに押しつぶされてしまう前に、今の不満をこんなふうに言い換えてみてはいかがでしょうか?

転職理由への言い換え

「今の職場はコミュニケーションが取りづらく、非常に多くのことが個々人の判断に委ねられています。業務知見が属人的になるのはリスクだと思いますし、私は日々の会話を通してどんどん新しいアイデアが生まれるような、コミュニケーションが活発な環境で働きたいと思っています」

テキスト:檜垣優香/プレスラボ
イラスト:ウラケン・ボルボックス

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたは仕事で何を大事にするタイプ?
キャリアタイプ診断
「これって人間関係?」キャリアアドバイザーに相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)

あなたの可能性と出会えるキャリアタイプ診断