スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2008
電機・機械の平均年収|営業

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 25~29歳
    417万円(最高 1,450万円)
  • 30~34歳
    503万円(最高 1,300万円)
  • 35~39歳
    587万円(最高 2,160万円)

30代後半でのマネジメント経験が、年収アップの秘訣!

グラフ:年齢別推移

電機・機械の平均年収は479万円となりました(25〜39歳)。全職種の平均値と比べると、30代後半での伸び率の高さが特徴的です。経験を積み、マネジメントの立場に就くことが年収アップの要因となります。昨今では、英語力がある、業界における特別な知識を持つなど、他の人より優位に立つ強みがあることが評価される要因となっているようです。

年収アップの第一歩は、自分の適正年収を正しく把握するところから始まります。あなたは、経験やスキルに見合った年収をもらえているでしょうか?dodaなら、年収査定サービスを無料で利用できます。

自分の「本当の年収」を知りたい方は、コチラからお申し込みを。
適正年収を診断する

気になる「あの職種」の年収は?

電機・機械(営業)を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

電気・機械業界に関わる営業として、B to B(大手/中小の直販/代理店向け)の営業スタイル、また、B to C(小売・流通業界、個人消費者向け)の営業スタイルがあります。
B to Bの営業では顧客窓口として全業務を調整する役割を担い、長期的な信頼関係に基づくビジネスを構築します。また、B to Cの営業では小売・流通業界との取引が中心となります。同じ商材を扱っていても営業スタイルや顧客先によって仕事内容が大きく変わってきます。

採用トピックス

景気の停滞期となり、複数名採用の求人が減少している傾向にあります。それと同時に、ポテンシャルでの採用から、即戦力を求める採用への移行が進んでいることも特徴的です。ただし、企業規模においては大小問わず求人が出ていますので、極論すると少求人多数採用⇒多求人少人数採用に変化しています。よって企業のニーズ・方向性といかに合致するのかが転職成功のポイントと言えそうです。短期的な即戦力が求められるため、いかにして自分自身の経験をしっかり棚卸ししているかが重要となります。なぜ転職を考え、どのようなキャリアを積みたくて、転職で何を実現したいのかを見極め、自分の強みを理解し、PRしてゆくことが転職成功の鍵となります。

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

自分の「本当の年収」を知りたいなら年収査定サービス
適正年収を受ける
あなたの専任キャリアアドバイザーが転職アドバイス
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校