スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2008
人材サービスの平均年収|営業

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 25~29歳
    415万円(最高 852万円)
  • 30~34歳
    473万円(最高 1,100万円)
  • 35~39歳
    496万円(最高 1,000万円)

平均年収は低めだが、年齢にかかわらず高年収の可能性あり

グラフ:年齢別推移

人材サービスの平均年収は442万円となりました(25~39歳)。比較的新しい産業のため、いまだ成長期にある人材サービス業界。2008年は国内の経済状況にも左右され、平均年収は低めにとどまっています。一方で、高年収となっているのは営業管理職・マネジャークラス。20代後半で、年収700~800万円台の方も見受けられます。

年収アップの第一歩は、自分の適正年収を正しく把握するところから始まります。あなたは、経験やスキルに見合った年収をもらえているでしょうか?dodaなら、年収査定サービスを無料で利用できます。

自分の「本当の年収」を知りたい方は、コチラからお申し込みを。
適正年収を診断する

気になる「あの職種」の年収は?

人材サービス(営業)を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

人材を採用したい企業と、仕事を探す個人を結びつける仕事。人材サービスには、人材派遣、人材紹介、ヘッドハンティング、求人広告、教育・研修、組織コンサルティングなど多様な種類があります。法人営業の場合、企業の人事部に対して採用を成功させるための支援プランを提案します。個人向けの場合は、一般的に“キャリアアドバイザー”、“キャリアコーディネーター”という名称で、個人の方の転職サポートを行います。“仕事”という人生において重要なファクターを扱う営業のため、やりがいはひとしお。

採用トピックス

人材業界は依然として、底堅い採用ニーズがあります。例えば、不動産経験を活かして不動産業界の人材支援を行う、といったような活躍が期待できるため、業界の外から未経験者を採用するケースも多々あります。ただ、徐々に人材充足の傾向を見せており、採用基準を高くするなど内定獲得のハードルは上がりつつある状況です。人材サービス業界の中で転職を目指す方には、自らの武器となる「専門スキル」を磨くことをおすすめします。今後、業界全体が成長フェーズから成熟フェーズへ移行していく中で、より即戦力性の高い方が市場価値を高めていくでしょう。

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

自分の「本当の年収」を知りたいなら年収査定サービス
適正年収を受ける
あなたの専任キャリアアドバイザーが転職アドバイス
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校