スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2010
食品・消費財の平均年収|営業

このエントリーをはてなブックマークに追加
  25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳
平均年収 394万円 455万円 504万円
全体平均比 -3万円 -7万円 -22万円
最高額 1,100万円 900万円 1,080万円

年収の傾向

内需系産業の強さが表れる

食品・消費財メーカーの平均年収は443万円となりました。昨年とほぼ同水準で8万円の微減です。国内消費低迷の影響を受けるものの、コスト削減を継続的に実施するなど、生産性の高い内需系企業が減少を下支えした結果とも言えるでしょう。ただ、今後少子化が進んでいく中で、海外販路を拡大していくなど課題も垣間見える業界です。

年収アップに必要なのは?

現職でコツコツとスキルアップ

もともと転職があまり盛んではなく、中途採用の求人数も比較的少ない業界。現職内での評価を上げていくことが年収UPの道と考えられます。また、30歳前後までであれば他業界への転職も可能です。有形営業のスキルを活かし、平均年収が比較的高い業界(医療機器や商社、他社メーカーなど)への転職も一つの手かもしれません。

気になる「あの職種」の年収は?

食品・消費財(営業)を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

私たちの生活に最も身近な食品や日用品。営業は、自社商品を小売・流通へ直接販売したり、または卸会社を通じて拡販したりします。お客さまが商品を手に取る店舗で、いかに自社商品を魅力的に見せるかといったPR方法を小売店に提案。時には店頭に立ち販売支援を行うこともあります。テレビCMなどの広告・宣伝に資金を投入している企業も多いため、広告と連動した営業戦略を練ることも。自ら担当している商品が爆発的に売れたときの喜びは何者にも代えがたいものです。

あなたのキャリアから予想される適正年収を、無料で算出します!
自分の適正年収を知ろう

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

年収アップを実現するには? 市場価値を高めるキャリアプランは?など、 キャリアアドバイザーがアドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)
「自分は今、転職すべき?」 「市場価値を上げるには?」など、 転職のプロに相談してみませんか?
個別相談会を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校