スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2010
人材サービスの平均年収|営業

このエントリーをはてなブックマークに追加
  25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳
平均年収 413万円 478万円 525万円
全体平均比 +16万円 +16万円 -1万円
最高額 1,000万円 1,300万円 950万円

年収の傾向

企業の採用ニーズ増に伴い、回復を見せる

人材サービスの平均年収は453万円となりました。昨年比は増減無しの横ばいです。リーマンショックに端を発する企業の採用縮小を理由に苦境が続いていた人材サービス業界ですが、2010年に入り徐々に求人数が増加し、給与水準も以前に戻りつつあります。引き続き、業界市況の底上げが期待されます。

年収アップに必要なのは?

実績を上げることが年収UPの道

比較的、売上と年収が相関しやすい人材サービス業界。目の前の目標に対して成果を上げることが年収UPへの道です。一方で特に30歳前後までであれば平均年収が高い業界に転職することも手と言えるでしょう。同じ無形商材を扱うIT業界、求人数の多いMR、また人事職への転向は狙い目かもしれません。

気になる「あの職種」の年収は?

人材サービス(営業)を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

人材を採用したい企業と、仕事を探す個人を結びつける仕事。人材サービスには、人材派遣、人材紹介、ヘッドハンティング、求人広告、教育・研修、組織コンサルティングなど多様な種類があります。法人営業の場合、企業の人事部に対して採用を成功させるための支援プランを提案します。個人向けの場合は、一般的に“キャリアアドバイザー”、“キャリアコーディネーター”という名称で、個人の方の転職サポートを行います。“仕事”という人生において重要なファクターを扱う営業のため、やりがいはひとしお。

あなたのキャリアから予想される適正年収を、無料で算出します!
自分の適正年収を知ろう

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

年収アップを実現するには? 市場価値を高めるキャリアプランは?など、 キャリアアドバイザーがアドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)
「自分は今、転職すべき?」 「市場価値を上げるには?」など、 転職のプロに相談してみませんか?
個別相談会を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

もっとやりたい仕事があるはずだから。変えるなら、きっと今だ。転職ならdoda