スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2008
経営企画・事業企画・新規事業開発の平均年収|企画・事務・専門職

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 25〜29歳
    467万円(最高 1,000万円)
  • 30〜34歳
    641万円(最高 3,000万円)
  • 35〜39歳
    763万円(最高 2,500万円)

平均年収ランキング第3位と、高年収の職種

グラフ:年齢別推移

経営企画・事業企画・新規事業開発の平均年収は614万円となりました(25〜39歳)。企業経営の根幹を担う職種だけに、年収も最高レベル。特に、30代後半では、全職種平均値より215万円も高いという結果となっています。3,000万円という方も。

年収アップの第一歩は、自分の適正年収を正しく把握するところから始まります。あなたは、経験やスキルに見合った年収をもらえているでしょうか?dodaなら、年収査定サービスを無料で利用できます。

自分の「本当の年収」を知りたい方は、コチラからお申し込みを。
適正年収を診断する

気になる「あの職種」の年収は?

経営企画・事業企画・新規事業開発を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

会社全体が定めた経営戦略にもとづき、経営計画を立案したり、経営資源を適切に配分したりする仕事。営業部など他部門へ足を運びながら現場の情報も収集、事業方向性を定めるために必要不可欠なデータを分析しながら会社全体の絵を描きます。新規事業を立ち上げる際には市場規模の調査や、収益予測、リスクマネジメントなどを行います。経営論やマーケティング論、組織論など、幅広い分野に精通しており、まさに経営のプロフェッショナルと言えます。

採用トピックス

昨今の景気動向の中で、経営刷新を抜本的に図っていくような状況にある企業や、設立間もなくこれから経営基盤を安定化させていくような企業からの採用ニーズが現在あります。逆に拡大傾向にある企業では、M&Aなどで戦力事業を増やしていくもしくは強化していく際に、対象領域に熟知している方を外部から採用しているケースもあります。
今後は、30代半ば以降の経験豊富で戦力性の高い方が、流動的に他社へ移って企業価値を高めていくような事例が増えてくるでしょう。

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

自分の「本当の年収」を知りたいなら年収査定サービス
適正年収を受ける
あなたの専任キャリアアドバイザーが転職アドバイス
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?