スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2010
CAE解析の平均年収|エンジニア(電気・機械系エンジニア)

このエントリーをはてなブックマークに追加
  25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳
平均年収 396万円 445万円 591万円
全体平均比 -1万円 -17万円 +65万円
最高額 630万円 640万円 900万円

年収の傾向

自動車業界の回復を理由に下げ止まり

CAE解析の平均年収は451万円となりました。比較的減額傾向にあったエンジニア各職種の中では、2万円減とほぼ横ばいの結果です。主なクライアントである自動車業界を中心に開発案件が増えてきた結果と言えるでしょう。ただ、同時間あたりの生産効率向上を求められることも多く、残業代が圧縮された結果微減となったと考えられます。

年収アップに必要なのは?

流体解析・電磁波解析は需要が高い

需要が高く、供給が少ない技術を身につけることが年収UPの近道と言えるでしょう。例えば水や空気・熱など流体の解析技術、また近年電気製品数が増加・複雑化していることから電磁波解析のスキルなどが挙げられます。また、現状は普及段階と言える公差解析は技術者の供給が少ないため、年収UPも見込め、学ぶ価値があるでしょう。

気になる「あの職種」の年収は?

CAE解析を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

CAE(Computer Aided Engineering)解析とはPC上で製品の機能や性能をシミュレーションする解析技術のこと。CAE解析の担当者は、解析で導き出された計算結果を分析し、設計に対して改善提案を行っていきます。CAE解析の導入により、設計と評価、生産計画の検討を同時に進めることができるようになり、試作品点数の削減によるコスト低減や開発期間の大幅な短縮が可能となりました。より優れた製品を、コストを抑えながら早いタイミングで市場に投入して市場競争力を確保していくためには、CAE解析を駆使する技術者の能力が不可欠とされています。

あなたのキャリアから予想される適正年収を、無料で算出します!
自分の適正年収を知ろう

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

年収アップを実現するには? 市場価値を高めるキャリアプランは?など、 キャリアアドバイザーがアドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)
「自分は今、転職すべき?」 「市場価値を上げるには?」など、 転職のプロに相談してみませんか?
個別相談会を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの可能性と出会えるキャリアタイプ診断