スマートフォン版で表示

転職理由ランキング2015年上半期 男女別転職理由ランキング2015年上半期 男女別

ランキング・データ・調査

景気動向や社会情勢によって、転職を考える理由は変化するのでしょうか? 2014年10月~2015年3月に転職活動を行った約3万人のデータを元に、転職希望者の“転職理由”を、男女別に分析します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年上半期のランキング

男性は「未来」に、女性は「現状」に目を向けて、転職を考える傾向変わらず

男性」は前回同様に1位が「ほかにやりたい仕事がある」(12.7%)、2位が「会社の将来性が不安」(11.4%)、3位が「給与に不満がある」(8.4%)という結果になりました。4位以下のランキングも順位は前回と変わらず、「女性」との比較では、1位、2位、3位の転職理由に加えて、5位「専門知識・技術力を習得したい」(5.2%)や8位「市場価値を上げたい」(3.1%)の割合が高くなっています。さらに、女性との差が最も大きかった2位の「会社の将来性が不安」(+4.5pt)や、女性のランキングでは16位だった「業界の先行きが不安」が、男性では9位にランクインしていることが示すように、男性はキャリアアップやスキルアップを図りたいといった成長への意欲が転職の動機になっており、同時に、その成長の場となる会社やマーケットへの関心も高いことがうかがえます。

一方「女性」の転職理由は、1位から4位は前回調査と同じ並びとなりましたが、前回7位だった「雇用形態を変えたい」(4.0%)は2つ順位を上げて、5位にランクインする結果となっています。「男性」との比較では、9位「土日祝日に休みたい」(2.8%)や10位「不規則な勤務が不満」(2.7%)といった、現状の働き方に対する不満が反映された転職理由の割合が大きくなっています。また、総合、業種別、職種別、男女別、年代別のすべての区分の中で唯一、トップ10以内に「女性が働きにくい環境である」の転職理由が挙げられていることからも、女性は働く環境や待遇へのこだわりが転職の契機となる傾向が強いことが分かります。

「自分の転職理由は妥当?」など、転職でお悩みの方はご相談ください
エージェントサービスに申し込む(無料)

男性

順位 前回 転職理由 割合 前回比
1位 1位 ほかにやりたい仕事がある 12.7% -0.2pt
2位 2位 会社の将来性が不安 11.4% -0.4pt
3位 3位 給与に不満がある 8.4% -0.1pt
4位 4位 残業が多い/休日が少ない 5.5% -0.1pt
5位 5位 専門知識・技術力を習得したい 5.2% -0.1pt
6位 6位 幅広い経験・知識を積みたい 3.6% -0.3pt
7位 7位 U・Iターンしたい 3.3% -0.1pt
8位 8位 市場価値を上げたい 3.1% 0pt
9位 9位 業界の先行きが不安 2.6% -0.2pt
10位 10位 会社の評価方法に不満がある 2.5% -0.2pt

希望をかなえる求人を探してみる

女性

順位 前回 転職理由 割合 前回比
1位 1位 ほかにやりたい仕事がある 11.7% -2.0pt
2位 2位 残業が多い/休日が少ない 6.9% 0pt
3位 3位 会社の将来性が不安 5.4% -0.4pt
4位 4位 給与に不満がある 5.1% 0.2pt
5位 7位 雇用形態を変えたい 4.0% 0.5pt
6位 5位 専門知識・技術力を習得したい 3.8% -0.5pt
7位 6位 幅広い経験・知識を積みたい 3.8% 0.1pt
8位 8位 女性が働きにくい環境であることが不満 3.0% 0pt
9位 9位 土日祝日に休みたい 2.8% 0pt
10位 10位 不規則な勤務が不満 2.7% 0.2pt

希望をかなえる求人を探してみる

※前回比について:+0.5%以上…赤字、-0.5%以下…青字

「自分の転職理由は妥当?」など、転職でお悩みの方はご相談ください
エージェントサービスに申し込む(無料)

希望をかなえる求人特集

■調査概要
【データ出典】本コンテンツのデータはdodaサービスにご登録いただいている方のデータを元に集計
【データ抽出期間】2014年10月~2015年3月
【有効回答数】29,087件
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職タイプ診断