スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

ランキング・データ・調査

みんなが退職を考えたきっかけは?

転職理由ランキング<最新版>  業種別

あなたと同じ業種で働く人が転職しようと思った理由は?8の業種別に、会社を退職するきっかけになった“転職理由”の傾向を、2016年10月~2017年3月の半年間に転職活動を行った約3万5,000人のデータをもとに分析します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

5業種で「会社の将来性が不安」の割合が上昇。求人数の多い今のうちに転職を考える人が増加

8業種別での転職理由の1位は、7業種(「IT・通信」「メディア」「金融」「メディカル」「商社・流通」「サービス」「小売・外食」)では「ほかにやりたい仕事がある」、残りの1業種(「メーカー」)では「会社の将来性が不安」となりました。5業種(「IT・通信」「金融」「メーカー」「商社・流通」「小売・外食」)で「会社の将来性が不安」の割合が上昇しています。転職市場に求人数が多く、業種や職種のバリエーションが幅広い今のうちに、より将来性があると見込む会社への転職を考える人が増加したようです。

IT/通信/インターネット

順位 前回 転職理由 割合 前回比
1位1位ほかにやりたい仕事がある12.4%-0.1pt
2位2位給与に不満がある9.4%0.8pt
3位4位会社の将来性が不安7.8%0.5pt
4位3位専門知識・技術を習得したい6.2%-1.6pt
5位6位残業が多い/休日が少ない4.9%-0.4pt
6位5位市場価値を上げたい4.0%-1.4pt
7位8位U・Iターンしたい3.5%0.6pt
8位7位幅広い経験・知識を積みたい3.3%-0.6pt
9位9位会社の評価方法に不満がある3.0%0.4pt
10位10位雇用形態を変えたい1.9%-0.3pt

「IT・通信」では、2位「給与に不満がある」が前回から0.8pt上がり、9.4%になりました。1年前の2016年5月の調査と比べると2.0pt上がり、「給与に不満がある」を転職理由に挙げる人が増加傾向です。「IT・通信」の転職求人倍率は、業種別でみると最も高く、本調査期間中に6~7倍で推移しています。「IT・通信」の経験者は、今よりも上流工程の仕事が多い会社や、利益率の高い会社などに移ることで、年収が上がり、これまでの経験も活かせるケースがあるため、転職したいと考える人が増加しています。

メディア

順位 前回 転職理由 割合 前回比
1位1位ほかにやりたい仕事がある12.2%-0.2pt
2位3位会社の将来性が不安8.8%-0.1pt
3位4位給与に不満がある8.4%-0.1pt
4位2位残業が多い/休日が少ない8.2%-1.8pt
5位5位専門知識・技術を習得したい5.1%-0.6pt
6位6位幅広い経験・知識を積みたい4.7%0.0pt
7位7位市場価値を上げたい3.9%0.1pt
8位9位雇用形態を変えたい3.6%0.6pt
9位8位業界の先行きが不安3.0%-0.4pt
10位11位倒産/リストラ/契約期間の満了2.3%-0.1pt

「メディア」では、「残業が多い/休日が少ない」が前回から-1.8ptの8.2%となり、4位に順位を下げました。この転職理由は、4~9月の上半期に割合が上昇する傾向があり、1年前の2016年5月の調査と比べると同水準でした。8位「雇用形態を変えたい」は、前回から0.6pt増加し3.6%になりました。「メディア」では、2016年度の求人数が前年度に比べ約2倍となり、正社員・契約社員ともに求人数が増えているため、希望の雇用形態に変えようと転職を希望した人が増えたと考えられます。

金融

順位 前回 転職理由 割合 前回比
1位1位ほかにやりたい仕事がある15.2%-0.3pt
2位2位会社の将来性が不安9.1%1.1pt
3位3位ノルマが厳しい6.1%-0.8pt
4位5位給与に不満がある5.8%1.1pt
5位4位顧客のためになる仕事がしたい4.7%-1.0pt
6位8位残業が多い/休日が少ない3.3%-0.1pt
7位6位専門知識・技術を習得したい3.0%-1.4pt
8位10位U・Iターンしたい2.7%-0.1pt
9位11位業界の先行きが不安2.7%0.3pt
10位12位会社の評価方法に不満がある2.2%-0.1pt

「金融」では、2位「会社の将来性が不安」、4位「給与に不満がある」(ともに前回比+1.1pt)の割合が特に増加しました。「会社の将来性が不安」という人の中には、マイナス金利の影響を心配する人が見られます。「給与に不満がある」という人の中には、一例として2016年の前半に株式相場が大きく動かなかった影響で、2016年12月のボーナスが減額となった人が転職活動を始めたケースがありました。

メディカル

順位 前回 転職理由 割合 前回比
1位1位ほかにやりたい仕事がある15.4%0.8pt
2位2位会社の将来性が不安9.6%-0.9pt
3位3位給与に不満がある7.2%0.0pt
4位5位残業が多い/休日が少ない5.3%1.1pt
5位4位専門知識・技術を習得したい5.1%-0.9pt
6位6位U・Iターンしたい3.9%-0.1pt
7位7位幅広い経験・知識を積みたい3.4%-0.1pt
8位9位市場価値を上げたい2.6%0.3pt
9位8位業界の先行きが不安2.2%-0.3pt
10位13位雇用形態を変えたい2.1%0.5pt

「メディカル」では、1位「ほかにやりたい仕事がある」(前回比+0.8pt)、4位「残業が多い/休日が少ない」(前回比+1.1pt)の割合が特に増加しました。病院などの医療現場では勤務時間が比較的長く、転職で働く時間の改善をしたい人が増加傾向です。事業会社が看護師など医療従事者を歓迎する求人が増えているため、医療機関から事業会社への転職を希望する人が増加しています。

メーカー

順位 前回 転職理由 割合 前回比
1位1位会社の将来性が不安14.9%0.9pt
2位2位ほかにやりたい仕事がある13.0%0.0pt
3位3位給与に不満がある6.6%-0.2pt
4位4位残業が多い/休日が少ない5.5%0.1pt
5位6位U・Iターンしたい5.3%0.5pt
6位5位専門知識・技術を習得したい5.0%0.0pt
7位7位業界の先行きが不安2.7%-0.4pt
8位8位幅広い経験・知識を積みたい2.7%-0.3pt
9位10位転勤したくない2.4%0.2pt
10位11位市場価値を上げたい2.3%0.1pt

「メーカー」では、1位「会社の将来性が不安」が前回から0.9pt上がり、14.9%になりました。「メーカー」では、今回の調査期間は企業ごとに業績の好不調が分かれたため、業績が悪化した企業で働く人の中には、自社の将来を不安視した人が増えた可能性があります。また、「U・Iターンしたい」も0.5pt増加しました。主要都市だけでなく地方の求人も増加しているため、地元やゆかりのある地域への移住を希望する人が増えているようです。

商社/流通

順位 前回 転職理由 割合 前回比
1位1位ほかにやりたい仕事がある11.4%-0.6pt
2位2位会社の将来性が不安10.5%1.2pt
3位3位給与に不満がある8.8%0.1pt
4位4位残業が多い/休日が少ない6.9%-0.4pt
5位5位専門知識・技術を習得したい4.3%0.5pt
6位7位業界の先行きが不安4.0%0.9pt
7位6位幅広い経験・知識を積みたい3.2%-0.5pt
8位9位市場価値を上げたい3.0%0.5pt
9位8位U・Iターンしたい3.0%0.0pt
10位10位会社の評価方法に不満がある2.5%0.1pt

「商社・流通」では、2位「会社の将来性が不安」(前回比+1.2pt)、6位「業界の先行きが不安」(前回比+0.9pt)、5位「専門知識・技術を習得したい」、8位「市場価値を上げたい」(ともに前回比+0.5pt)の割合が特に増加しました。「会社の将来性が不安」「業界の先行きが不安」は、前回11月の調査で下降しており、1年前の2016年5月の調査と比べると同水準でした。「専門知識・技術を習得したい」「市場価値を上げたい」は2回連続で増加しました。

サービス

順位 前回 転職理由 割合 前回比
1位1位ほかにやりたい仕事がある12.7%-0.3pt
2位2位残業が多い/休日が少ない8.7%0.7pt
3位3位給与に不満がある8.3%0.3pt
4位4位会社の将来性が不安7.2%-0.6pt
5位5位専門知識・技術を習得したい4.0%-0.2pt
6位7位雇用形態を変えたい3.9%0.3pt
7位6位土日祝日に休みたい3.5%-0.1pt
8位8位幅広い経験・知識を積みたい3.0%-0.5pt
9位9位U・Iターンしたい2.9%0.2pt
10位12位不規則な勤務が不満2.7%0.3pt

「サービス」では、2位「残業が多い/休日が少ない」が0.7pt上がり、8.7%になりました。1年前の2016年5月の調査からは1.7pt上がっており、「残業が多い/休日が少ない」を転職理由に挙げる人は増加傾向です。「サービス」転職求人倍率は、本調査期間中に3.0倍前後を推移しており、「IT・通信」に次いで2番目に求人倍率が高くなっています。「サービス」の中には、従業員の就業環境の改善に力を入れている企業が多いため、これまでの経験を活かせて働く時間も改善できる求人があれば転職したいと考える人が増加しています。

小売/外食

順位 前回 転職理由 割合 前回比
1位1位ほかにやりたい仕事がある11.0%-0.8pt
2位2位給与に不満がある9.7%0.1pt
3位3位残業が多い/休日が少ない8.6%0.5pt
4位4位土日祝日に休みたい8.0%1.4pt
5位5位会社の将来性が不安6.4%0.2pt
6位6位雇用形態を変えたい4.2%-0.6pt
7位7位不規則な勤務が不満4.1%-0.1pt
8位8位昇進が望めない2.9%-0.2pt
9位11位専門知識・技術を習得したい2.5%0.2pt
10位9位会社の評価方法に不満がある2.5%-0.3pt

「小売・外食」では、3位「残業が多い/休日が少ない」(前回比+0.5pt)、4位「土日祝日に休みたい」(前回比+1.4pt)の割合が特に増加しました。「小売・外食」においても、求人数の多い状態が続いているため、就業環境の改善を図るために転職を考える人が増えています。「小売・外食」の求人の中には、残業時間の抑制を図るため、一部の店舗で営業時間を短くする企業も出てくるようになりました。

面接での転職理由の伝え方も、アドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)

調査概要

【データ出典】本コンテンツのデータはDODAサービスにご登録いただいている方のデータを元に集計

【データ抽出期間】2016年10月~2017年3月

【有効回答数】35,646件

※前回比について:+0.5%以上・・・赤字、-0.5%以下・・・青字

※調査結果の「割合」は、小数点第二位を四捨五入して記載しています。順位は異なっているものの割合が同じ箇所があります。
また、今回調査(2016年10月~2017年3月)の前回比が、今回調査と前回調査(2016年4月~9月)の割合の差と一致しない場合があります。

※割合の数値は、小数点第二位を四捨五入して記載しているため、今回調査と前回調査の差が前回比の数値と一致しない場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加