スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

実際に働く人たちに聞いた、
あの職業のリアルな実態・働き方!?
【広告・メディアの営業/広告宣伝】
の職業あるある

公開日:2020/1/27

普段の何げないときにも出てしまう“職業病”ともいえる、クセや行動はありませんか? その仕事に就いているからこそ身についた習慣や、ついやってしまう職業あるあるを知ることで、その職業ならではの特徴や働き方の実態がよりリアルに見えてきます。今回は広告・メディアの営業/広告宣伝の人たちに聞いた、職業あるあるをご紹介します。

普段の何げないときにも出てしまう“職業病”ともいえる、クセや行動はありませんか? その仕事に就いているからこそ身についた習慣や、ついやってしまう職業あるあるを知ることで、その職業ならではの特徴や働き方の実態がよりリアルに見えてきます。今回は広告・メディアの営業/広告宣伝の人たちに聞いた、職業あるあるをご紹介します。

「広告・メディアの営業/広告宣伝」は目に触れた広告を分析しがち⁉

このエントリーをはてなブックマークに追加

<広告・メディアの営業/広告宣伝の職業あるある>実際に働く人たちに聞いた、あの職業のリアルな実態・働き方!?

広告には、商品の販促やイベント・キャンペーンへの集客、さらには企業・ブランドの認知拡大など、さまざまな目的があります。それらを実現する仕掛けづくりのためには、世の中のトレンドや流行をいち早くキャッチし、企画へ活かすことが大切。そのため「広告・メディアの営業/広告宣伝」に携わる人たちは、常日頃から世の中の動きにアンテナを立てています。

実際に広告を形にしていく工程は、まずターゲットやコンセプトをじっくり考えることから始まります。だからこそ、電車や街中、あるいはテレビ・インターネットなどで広告が目に入ると、「どんな狙いでその広告が作られ、掲示されているのか」が気になるようです。

「広告・メディアの営業/広告宣伝」の働き方は?

「広告宣伝」の仕事は、商品やサービス、企業そのものの情報を社外に発信すること。「広報/PR/IR」とは異なり、広告費を投じて出稿するのが特徴です。一方「広告・メディアの営業」は、情報を発信するための広告商品をクライアントに提案する立場です。営業職であっても、単に広告媒体や広告サービスを売るだけでなく、クライアントの課題を解決するための企画を考えたり、掲載後の広告効果に応じて新たな施策を講じることもあります。

かつては広告というと新聞、雑誌、テレビ、ラジオの四大メディアが中心でしたが、Webが急成長した現在、Webなしには広告は成り立たなくなっています。そのため、Web広告事業をメインとする企業も増えています。

まだまだあった!? 「広告・メディアの営業/広告宣伝」の職業あるある

・チラシなどを持ち帰り、集める
・ドラマのセリフやストーリーを予測する
・ビジネス用語、インターネット用語など、新しい言葉を使ってしまう

※2019年7月に実施した15,000人へのインターネット調査
(回答者:20歳~59歳の男女、正社員)の回答から抜粋
イラスト:カワグチマサミ

気になる、ほかの職業の“あるある”は?

どんな仕事がある?
求人をチェックしてみよう
広告・メディアの営業/広告宣伝の求人
転職活動のスタートは
まずはここから
会員登録する(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

doda転職フェア(福岡)