スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2010
事務・オフィスワークの平均年収|企画・事務職

このエントリーをはてなブックマークに追加
  25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳
平均年収 295万円 324万円 346万円
全体平均比 -102万円 -138万円 -180万円
最高額 750万円 910万円 900万円

年収の傾向

年収微増の理由は若年層転職者が減ったため

事務・オフィスワークの平均年収は311万円となりました。昨年よりも微増となっていますが、これは正社員で事務を新規採用するケースが減り、転職者のスキルや年齢が上がったためと考えられます。ただし、正社員以外にも派遣や契約社員など多様な働き方があるため、全職種平均と比べても年収は低い水準に留まっています。翻訳や専門職のアシスタント業務など、専門的スキルや経験を要する職種では、全職種平均を上回るケースもあります。

年収アップに必要なのは?

正社員事務職には専門性が求められる流れ

事務職における派遣社員の比率は引き続き高い傾向です。正社員事務職に求められるのは、営業事務や貿易事務のスキル、コミュニケーション能力の高さなど、より高い基準となっています。職域として年収の上限が決まっていることが多い職種ではあるものの、上記のスキルがあれば、年収UPも可能でしょう。また語学力を活かし給与水準の高い大企業や外資系企業へ転職する道もあります。

気になる「あの職種」の年収は?

事務・オフィスワークを経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

事務・オフィスワークの職種は「営業事務」や「経理事務」「人事事務」など、それぞれの部署ごとに分かれています。それぞれの業務が円滑に進むように、あらゆるサポートをします。例えば「営業事務」の場合、受発注業務、経費精算、顧客対応など。どの職種も「育児休暇を取って、ずっと働き続けたいから」などと会社の環境に依存しようとしている人ではなく「私はこれができます、やりたいです!」と、仕事に対して積極的な人が求められています。

あなたのキャリアから予想される適正年収を、無料で算出します!
自分の適正年収を知ろう

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

年収アップを実現するには? 市場価値を高めるキャリアプランは?など、 キャリアアドバイザーがアドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)
「自分は今、転職すべき?」 「市場価値を上げるには?」など、 転職のプロに相談してみませんか?
個別相談会を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校