スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2010
財務の平均年収|企画・事務職

このエントリーをはてなブックマークに追加
  25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳
平均年収 429万円 506万円 566万円
全体平均比 +32万円 +44万円 +40万円
最高額 800万円 930万円 1,100万円

年収の傾向

事務系職種の高収入職種ながら苦戦傾向

財務の平均年収は488万円。昨年比で見ると年齢が上がるほど減収傾向で、全体の平均年収も10万円ダウンしました。理由としては管理部門の人的リストラやアウトソース化が進み、現職者への条件も厳しさを増しているためと言えるでしょう。これに伴い転職者数は微増していますが、求人数は横ばいとなっています。

年収アップに必要なのは?

高額の資金調達・運用経験がポイント

攻めには投資するが守りには投資しない、という企業が増加傾向にあります。そのため財務管理の経験だけではなかなか評価が上がらず、市場においても評価が厳しい状況と言えます。逆に、大きな額の資金調達や運用の経験があれば評価する企業は多いでしょう。億単位の調達・運用経験があれば強みです。

気になる「あの職種」の年収は?

財務を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

財務とは、企業経営に欠かせない資金の調達・管理・運用を担当する仕事です。銀行からの融資、顧客からの入金、協力会社への支払いといった資金の流れを全て把握しつつ、中長期的な財務戦略を立案します。企業規模によっても異なりますが、億単位の金額を扱うため、まさに企業の根幹を支える仕事と言えるでしょう。最近は、資金調達の手法が多様化しており、銀行からの融資以外の手法も戦略的かつ活発に行われるようになりました。

あなたのキャリアから予想される適正年収を、無料で算出します!
自分の適正年収を知ろう

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

年収アップを実現するには? 市場価値を高めるキャリアプランは?など、 キャリアアドバイザーがアドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)
「自分は今、転職すべき?」 「市場価値を上げるには?」など、 転職のプロに相談してみませんか?
個別相談会を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校