スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2010
法務の平均年収|企画・事務職

このエントリーをはてなブックマークに追加
  25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳
平均年収 420万円 508万円 560万円
全体平均比 +23万円 +46万円 +34万円
最高額 800万円 1,150万円 1,400万円

年収の傾向

高所得層の年収ダウンが響き28万円減

法務の平均年収は493万円となりました。昨年と比べて28万円減です。経営層にとってコンプライアンスは優先順位が高く、求人ニーズ自体は絶えなかったものの1,000万円超など高い年収を保障されていた金融系の法務職が年収を減らしたことなどを理由に全体平均が下がったと考えられます。

年収アップに必要なのは?

体制構築・M&Aなどへのチャレンジ

契約書締結などオペレーション業務なのか、危機管理体制の構築・海外提携・M&A折衝まで行う戦略業務なのかにより大きく年収は異なります。これらの戦略業務に少しずつでもチャレンジすることが年収UPに向けた第一歩と言えるでしょう。また、弁護士資格が取得できれば仕事の領域も広がり年収UPの可能性を高めます。

気になる「あの職種」の年収は?

法務を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

法務とは、企業組織の中で法律に特化した業務を行う仕事です。契約書の作成、他部門が作成した契約書について不備がないかのチェック業務、自社の広告が景品表示法や薬事法などの関係法令や公序良俗に反していないかの確認などがあります。最も重要な任務は、営利追求と法令順守が矛盾しないように企業経営をコントロールすること。特に、近年コンプライアンス遵守が叫ばれる中、法令違反による多大な損害を避けるためにも、法務の重要性はより一層高まっています。

あなたのキャリアから予想される適正年収を、無料で算出します!
自分の適正年収を知ろう

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

年収アップを実現するには? 市場価値を高めるキャリアプランは?など、 キャリアアドバイザーがアドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)
「自分は今、転職すべき?」 「市場価値を上げるには?」など、 転職のプロに相談してみませんか?
個別相談会を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?
ハイクラス転職サービスdodaX

  • doda転職オンライン予備校