スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2010
総務・庶務の平均年収|企画・事務職

このエントリーをはてなブックマークに追加
  25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳
平均年収 364万円 406万円 472万円
全体平均比 -33万円 -56万円 -54万円
最高額 650万円 710万円 822万円

年収の傾向

アウトソース化が進んだため、年収微増

総務・庶務の平均年収は410万円となりました。他の企画・事務専門職と比較すると平均年収は低いですが、昨年比5万円の微増です。これは中でも年収の低い一般事務・庶務などの派遣化が進み、比較的スキルが高い転職者が市場に増えたためと考えられます。株主総会の企画・運営やファシリティ管理など、高い専門性が求められる分野では、給与水準も高くなっています。

年収アップに必要なのは?

株主総会の企画・運営、IR経験を積み専門性を磨く

職種として年収の上限が決まっている企業が多く、年収の多寡は企業に依存すると考えられます。ただ、その中でも上場企業において株主総会の取りまとめやIRの経験を積めばキャリアに深みが出ると言えるでしょう。現職が上場企業であればこれらの業務に取り組むこと、非上場であれば給与水準の高い上場企業へ転職をすることも年収UPの道として考えられます。

気になる「あの職種」の年収は?

総務・庶務を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

「総務」は、会社や組織全体にまつわるすべての事務を取り扱う仕事。「庶務」と近しい意味の場合もありますが業務範囲がやや異なっており、庶務の主な仕事は社内の備品の保守管理や事務業務のケースが多いです。社員が使用する文房具からPC機器、オフィスの光熱費や地代、会社によってはアルバイトの勤怠管理までと扱う範囲は幅広く、常に会社全体に目を光らせる必要があります。一方、総務はスペシャリストともなると、株主総会の企画・運営やファシリティの管理など高次な専門性が求められます。

あなたのキャリアから予想される適正年収を、無料で算出します!
自分の適正年収を知ろう

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

年収アップを実現するには? 市場価値を高めるキャリアプランは?など、 キャリアアドバイザーがアドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)
「自分は今、転職すべき?」 「市場価値を上げるには?」など、 転職のプロに相談してみませんか?
個別相談会を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校