スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ランキング・データ・調査

平均年収ランキング2010
秘書の平均年収|企画・事務職

このエントリーをはてなブックマークに追加
  25〜29歳 30〜34歳 35〜39歳
平均年収 360万円 423万円 458万円
全体平均比 -38万円 -39万円 -68万円
最高額 600万円 1,000万円 1,000万円

年収の傾向

業務領域で年収差が生まれる

秘書の平均年収は409万円となりました。昨年と比較すると30〜34歳での微増が牽引し、全体でも5万円増という結果になっています。リーマンショックの影響で、リストラとなった30代の転職者が増えたことも今年の特徴です。全体的な求人数・転職者数は、昨年と比べ大きな変化はありません。

年収アップに必要なのは?

語学力が業務領域を左右する

海外販路拡大など企業のグローバル業務が増えるのに伴い、最近増えているのが秘書に語学力を求めるケースです。英語はもとより中国語を必須とする求人もあり、またそのレベルもネイティブレベルと非常に高くなってきています。年収UPを目指すならば語学力は必須です。また、同じ秘書職でも給与体系が高い外資系であれば転職で高収入が期待できる可能性もあります。

気になる「あの職種」の年収は?

秘書を経験した人が、こんな職種にキャリアチェンジする例も。平均年収をチェックしてみましょう。

どんな仕事?

会社役員や弁護士、国会議員などが、円滑に業務を進められるよう、全面的にサポートする仕事です。スケジュール管理をはじめ、宿泊先の手配、顧客対応、会合のセッティング、お礼状の執筆、メール管理など、幅広くこなします。上司のニーズに合わせる柔軟性が最も重要な要素となるほか、上司と部下の間の調整力をはじめ、高いコミュニケーション力や、上司にとって最適な環境を自らつくる主体性が求められます。

あなたのキャリアから予想される適正年収を、無料で算出します!
自分の適正年収を知ろう

仕事、お金…みんなの「はたらく」に関するデータはこちら

年収アップを実現するには? 市場価値を高めるキャリアプランは?など、 キャリアアドバイザーがアドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)
「自分は今、転職すべき?」 「市場価値を上げるには?」など、 転職のプロに相談してみませんか?
個別相談会を探す
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校