転職・求人DODA(デューダ)トップ > 転職情報・成功ガイド > 失敗事例 > 引き継ぎのため、転職後も前の会社へ行ってます…
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職後も前の会社の業務をやってます…

case 17 転職後も前の会社の業務をやってます。

前職の引き継ぎが終わらなかったため、転職後も今の会社の就業時間外に、以前の会社に行って残務整理をしています。自業自得とはいえ、いつまでこのような状態が続くのか…。

失敗者:Y.Iさん(仮名・26歳)
キャリアアドバイザーの助言
前の会社に行くのは、トラブルの元
転職後に前の会社に出向き、残っている仕事をすることは絶対に避けるべきです。就業時間外であっても、企業によっては、副業と見なしたり、情報漏洩につながる行為ととらえるなど、なんらかの処分を下す可能性があります。
前職の上司や取引先から仕事の連絡が入っても、きっぱりと断るようにしましょう。一度対応してしまうと、際限なく関係が続いてしまうことにもなりかねません。
引き継ぎは、スケジュールを立てて計画的に。
今回のような事態は、きちんとスケジュールを立てていれば、防げたはずです。退職の1ヵ月ぐらい前から、1週間単位で「今週は○○を引き継ぎます」と、後任者と情報共有しておくことが大切です。また「これさえ読めば業務が分かる」というような仕事内容をまとめた資料を作っておけば、後任者に業務内容を一つずつ伝える必要がなくなるので、スムーズに引き継ぎができるでしょう。
取引先へのあいさつも引き継ぎ業務の一つです。ただし、場合によっては、会社として報告しなければならないこともあるので、まずは上司に相談して、会社の判断に従いましょう。
転職失敗事例集を見る
DODAエージェントサービス
専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。
エージェントサービスに申し込む(無料)
3分でわかるエージェントサービスのメリット3分でわかるエージェントサービスのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加