転職・求人DODA(デューダ)トップ > 転職情報・成功ガイド > 失敗事例 > 転職で採用職種以外の仕事も担当することに…
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職後すぐに、採用職種以外の仕事も担当することに…

case 16 転職後すぐに、採用職種 以外の仕事も担当 することに…

経理として採用されたのですが、入社後すぐに総務の仕事も任されてしまいました。転職した直後ということもあり、断れずに引き受けてしまいました。今では当然のように総務の仕事も担当しています。確かに、面接の時「経理以外はやらない」と伝えたわけではないのですが、戸惑っています…。

失敗者:U.Kさん(仮名・24歳)
キャリアアドバイザーの助言
企業に属する限り担当業務の拡大はつきもの
今回のような事態は、企業に属している以上、起こりうることです。しかし、どうしても納得できないという場合は、人事に相談してみましょう。直属の上司は、あなたの意向など、採用の経緯を知らないまま、採用職種以外の仕事を任せている可能性があります。上司に話して角を立てるより、採用を担当した人事に相談したほうが良いでしょう。また、企業があなたに今の仕事を任せているのは、あなたのこれからのキャリアを考慮した上での判断かもしれません。「希望の仕事しかやらない」「話が違う」と短絡的にとらえずに長期的な視点で考えてみましょう。
面接で、自分の希望をきちんと伝える。
採用面接で自分の意向をしっかり伝えていなかったことが原因として考えられます。面接は試験ではありません。求職者と会社がお互いの考えを理解し合う「お見合い」のような場です。今回の場合、経理以外の仕事をすることが難しい理由を説明する必要があったでしょう。しかし、希望ばかりを主張することは、面接官にマイナスの印象を与えかねません。このことを理由に採用を見送られてしまう可能性があるので、ある程度は企業の要求を受け入れる姿勢が大切です。
転職失敗事例集を見る
DODAエージェントサービス
専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。
エージェントサービスに申し込む(無料)
3分でわかるエージェントサービスのメリット3分でわかるエージェントサービスのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加