転職・求人DODA(デューダ)トップ > 転職情報・成功ガイド > 失敗事例 > 前職と正反対の環境の会社に転職しましたが、やっぱり合いません…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

前職と正反対の環境の会社に転職しましたが、やっぱり合いません…

case 21 前職と正反対の環境の会社に転職しましたがやっぱり合いません。

年功序列の企業にいたため、実力主義の会社に行きたくてベンチャー企業に転職しましたが、やっぱり自分には合っていない気がします…。

失敗者:T.Tさん(仮名・29歳)
キャリアアドバイザーの助言
転職する前に、会社の良いところを洗い出す。
今の会社に不満を感じて転職を考える人は多くいます。そんなときは一度立ち止まり、今の会社の「良いところ」を考えてみてください。
実は不満よりも「良いところ」の方が多いかもしれません。
その結果、不満解消のためにはやはり転職が必要、という結論に至った場合、自分の希望と不満をしっかり把握した上で会社選びができるので、より働きやすい会社が見つけられるはずです。
自分の不満をもう一度、しっかり認識する。
会社の一部分が不満だからといって、正反対の環境に転職することはお勧めしません。T.Tさんは「年功序列」の環境が嫌ということですが、ベンチャー企業のすべてが実力主義とは限りません。
「大手が嫌だからベンチャー」と安易に考えるのではなく、会社の何が不満なのか、しっかり認識しましょう。不満の原因は「大手だから」ではなく、その会社特有の文化などかもしれません。「ベンチャー」に転職したからといって、必ずしも解決できるとは限りません。
「大手」か「ベンチャー」か、という目の前の指標だけで判断せずに、何に不満を感じているのか、どうすれば解決できるか、じっくり考えてみましょう。
転職失敗事例集を見る
DODAエージェントサービス
専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。
エージェントサービスに申し込む(無料)
3分でわかるエージェントサービスのメリット3分でわかるエージェントサービスのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加